継続は力なり

ブログ、移転しました。

なんでかっていうと今まで使ってたのがFC2ブログってところなんですが、何かと自由が効かず不便してましたので、いっその事移転し独自のサイトとして生まれ変わることにしたんです。

更新が年に数回になれど、それでも毎日アクセスがありますし、更新すれば即コメントも書いてもらえたりと、しょうもない事でも継続はするもんだなぁと思いました。

継続は力なり

もはや聞き飽きたほどよく聞くことわざですね。

なんにせよ続けていればそれが実力となる、という感じの意味だと思います。

これは確か中学生くらいの時の話だと思います。

クラスに岩村君って言う男の子がいましてね。こいつが頭もそれほど良くなく運動もさほどできない。

だけどもクラスで頭が良かったり運動が出来たりちょっとワルかったりして、力を持ってたり人気だったりするヤツに引っ付いて気弱なヤツをいじめる、というか上に立って威張るみたいなロクでもないやつだったんですね。

子供ながらに「コイツはロクなもんじゃないな」とは思ってたんですが、家も近いし何かと一緒になる事も多かったんです。



僕の小中時代ってなかなか面白くって、まぁだいたいグループって分かれるもんじゃないですか。

よくあるのが今で言う陽キャ、隠キャみたいな感じだったり不良グループだったり。

しかしですね、僕らの学校だと

[スーパー運動部系]

[ちょっと不良系]

[文化系]

のグループ。

これだけ見ると[運動部系][不良系]と[文化系]では決して仲良くならない感じがしますよね。

しかしですね、この[文化系]には、僕、とその親友、祐くんが所属しておりまして、この2人は幼少期からの大親友なのですね。

それで僕は不良グループのリーダー格と小学校入学から仲が良く、周りが震え上がる不良の彼のキンタマを掴むことができる唯一の存在だったのですね。タマタマ入学した時に席が隣りだっただけなんですけどね、タマタマ。

 

そして祐くん。彼は筋金入りの野球少年。なぜ野球部に入らなかったかと言うと校外でもっとレベルの高いチームに所属していたために部活は出来なかったのです。
僕も生まれつき非常に目が悪く、スポーツなんて到底やりたくもないので文化系になりました。

 

そんな僕ら2人がいるために[文化系]グループは[不良グループ]と[スーパー運動部]とめっちゃ仲が良いという不思議な関係が出来上がったんですね。

でも実際、文化系の男子なんてぶっちゃけ根暗が多く、普通ならいじめられそうなもんだったんですけどね、体育祭ではスーパー運動部にフォローされたり、地元ゲーセンで他校に絡まれても不良グループが助けてくれて、なんだかうまく回っていたんです。
そんでもって女子にモテるのだってスーパー運動部と不良グループ。そうなると自然と仲の良い文化系も女子たちと仲良くなります。

 

ここで、実は第4のグループが存在します。
それが[ほどほど運動部系]です。

スーパー運動部系ほどではないが運動部に属し、文化系を下に見てるという厄介なグループです。

そんなほどほど運動部系、スポーツで敵わないスーパー運動部系と近寄ることのできない不良グループはともかく、根暗の文化系が女子にモテるのなんて面白い訳もありません。

文化系の人たちは元は根暗ですから、近くにスーパー運動部系や不良グループ系がいない隙を見てほどほど運動部系は文化系をコケにしたりするんですね。

そんなことを話していると

スーパー運動部系は

「そんな連中相手にするなよ☆」

不良グループ系は

「俺らがぶっ殺してやるよ☆」

と、言いますがとは言え文化系はそんなこと出来ませんよね。

 

そんな厄介なグループ、ほどほど運動部系ですが、
それのリーダー格が先述の岩村君です。

実は岩村君はそこそこスポーツもできますし、僕と同じように不良グループのリーダー格とも仲が良い。
しかし運動部は途中で辞めてしまいそれからというものの自分より大人しい人を見つけコケにする性格になってしまいました。
僕も小中と同じ学校ですし、家も近い。よく下校時に一緒になったりしましたが

「よくジュンと一緒にいる〇〇ってマジキモいよなww」

などと文化系と友人を馬鹿にしたりされまして。僕もそういうのはやめてくれと言っても聞かず困っておりました。
そんな僕のこともいないところでコケにされているのを人づてに聞き、もう少し距離を置こうと決めました。

 

そんなある日ですね、僕は違う文化系グループの友人と歩いていると、そこには岩村君が。

小さなドブ川のフェンスから身を乗り出し
「ちっ、惜しいっ!!」と叫んでいます。

…何やっとるんだ、コイツは。。
通り過ぎようとしましたが僕らに気づいた岩村君は

「あそこで松ぼっくりを拾って、投げてあの穴に入れたらクリアな。」

どうやら松ぼっくり投げて、排水が出てくる小さな穴に投げ入れようとしてるみたいです。

マジかコイツ、中学にもなってそんなことやってるのか。

 

「大変だね」

僕らはそう言い立ち去ろうとしました。

「ああ、1日1チャンスでもう2週間やってる」と。

「頑張ってね」と返事をすると

「継続は力なりだからな!」

とのこと。一生やってろ。

 

 

またしばらくたったある日、僕は先日岩村君の松ぼっくり投げを目撃した友人に呼び出されました。

「実はね、困ったことになってて…」

話を聞くと岩村君。後日、例の松ぼっくり投げを見事成功させたようで、そこに通りかかってしまった僕の友人に

「お前もやれ!入れられなきゃ俺の勝ちな。」

と言い出し、投げてみたものの入る訳もなく

「出来なかったからお前はオレのパシリな!」とか言い始めたそうな。

アホくさ、とも思いましたが友人は悩んでいますしじゃあ岩村君に言っといてやるよと約束しました。

 

 

「訳のわからん事言うのはやめてくれ」

僕は岩村君に言いました。

「俺の勝ちなんだから良いだろ!」

勝ちってなんだよ、勝ちって。

「とにかく俺に認められたければ成功させるんだな!」

そう岩村君は言います。

実際、穴は川を挟んで向こう側。穴は松ぼっくりがやっと入るくらいの大きさで正直難易度は高そうです。出来る気がしない。

「難しいけどな、何回もやればいつか成功する。継続は力なり!」

そう岩村君は僕を鼓舞しますが、つーかそんなしょうもない事継続してやりたくない。

 

ふと、ここで僕は良くないパターン入ってしまった、と気付きます。

もしここで僕が松ぼっくりを投げて失敗する。

すると僕は岩村君に負けた事になります。

だからといってやらなければ「出来ないから逃げるんだ」と言われる事でしょう。

つまり、僕は事を収めるには「継続して松ぼっくり投げを成功させる」しかないんです。

マジでやりたくない。アホくさすぎる。

 

 

「おーい、何してんのー?」

僕が深いため息をついたくらいにですね、そう声をかけられました。

「何してんの?」

そう声をかけたのはスーパー運動部系の一人と不良グループ系の一人。つまり僕たちの仲良しグループです。

「松ぼっくり投げてあそこに入れられたら勝ちなんだ!」

岩村君はそういいました。

スーパー運動部系はネアカですからね。それを聞くと

「どれ?ヒェー、ムズいだろー!!」

そういうと松ぼっくりを投げました。

もちろん入るはずもなく、「ムッズー!!」と楽しそうに笑ってます。

「俺成功させたんだ!」

岩村君は自慢しています。

 

「へー、すげー!何回かやれば行けそうだなぁ、あ入った!」

と、さすがはスーパー運動部。あっさり成功させました。

「や、やるね!」

松ぼっくり投げというアイデンティティを奪われた岩村君は悔しそうではありましたがスーパー運動部には敵いませんでした。

「よっしゃ、じゃあ次は蹴って入れようぜ!!」

と、今度は松ぼっくりを蹴って入れようとしているスーパー運動部。

「ほら、お前もやれよ!」

スーパー運動部は不良グループに言いますが

「やんねーよ、やっても出来ねーよそんなこと」

と言い捨てました。

 

そこに、例の文化系の友人まで部活を終えて通りかかりました。

「あっ…」

彼は岩村君を見るとクルッと翻し戻ろうとしましたが

「おーい!ちょっと来いよー!」

スーパー運動部が呼び止めました。

「あの穴にね、これ投げて入れるんだ!」

スーパー運動部がそう言うと

「出来ないよ、出来ないとパシリやらされるからやりたくないよ…」

と言いました。

「なにそれ?」

不良くんは言いました。

「あっはっは、なるほど!じゃあお前パシリな!」

スーパー運動部は不良くんに笑いながら言いました。

「テメーこのやろー。おい岩村、コツ教えろや。お前ら全員パシリにしてやんぜ」

そう岩村君に不良くんは言うと松ぼっくりを投げ始めました。

 

松ぼっくりを投げ続ける三人を見て僕は

「しょうもないもんが流行ってしまった」

と、また深いため息をついたのでした。

 

 

次の日。

「おい、なんか飲みもん買ってこいや」

スーパー運動部は不良くんに言いました。

結局あの日、松ぼっくり投げを成功させられなかった不良くんは1日スーパー運動部くんのパシリをやる事になったみたいです。

「テメー覚えてろよ」

不良くんは言いますが、

「あ?成功させられてないヤツが俺らに逆らうんじゃねぇよ。なぁ岩村!」

スーパー運動部は岩村君と肩を組み不良くんを笑いました。


もちろん、岩村君は不良くんをパシることなど出来ません。しかと松ぼっくり投げを出来なかった文化系の友人もコケにはできません。出来なかったことを馬鹿にすると不良もまとめてコケにする事になりますから。

スーパー運動部の功績はそれだけではありません。「1日パシリ」というルールを決めた事で、松ぼっくり投げを成功していない文化系の友人も不良くんも次の日からはパシる事が出来なくなりました。

 

結局。

岩村君は唯一浮いていたそこそこ運動部系のリーダー格でしたが、松ぼっくり投げというアホみたい遊びのおかげで、すっかり打ち解け文化系の友人のパシリ扱いもなくなり、4つあったグループも結局すっかりなくなりました。

 

 

継続は力なり。

松ぼっくりも投げ続ければ分裂していた皆が、ひとつになるってもんです。

明日も遊べる

今年も終わりますね。
さて、世間はいまだコロナウイルスの影響下にあります。
思えば去年の12月くらいから始まったのでちょうど一年くらいになるんでしょうか。
当時は「中国で変なウイルスがみっかった。」くらいの感覚で、
こうも世界中を揺るがす大騒ぎになるとは思っていませんでした。
ウイルスがみるみる蔓延し、今じゃ人類の生活の在り方すら変えてしまっています。
そうして、今ではまた一年が終わろうとしています。
「今年はなにもできなかったね。」
というCMが放映されてますね。
CMでは子供が「いろいろできたよ!」と在宅でも楽しんだ様子が描かれていますが、
実際に何もできなかった人も多いでしょう。
僕も何もできなかった、という感じはなくちゃっかりGotoも利用して旅行も行ってますし、
コロナの影響で人数制限されたディズニーランドを満喫してますし、
釣りにどハマって週5くらいで釣りしたりしてました。
案外満喫してたわけですね。
とはいえ、あまり人に会えない分、時間が少し余るんですね。在宅時間が増えたんです。
だったらブログ書けや、と思うかもしれませんがそんな無駄なことはせず
何年ぶりにゲームをやりこんでみたり音楽を作ってみたり、WEBデザインやグラフィックデザインの勉強をしました。
デザインなんか仕事を受注するくらいになりました。もともと得意だし。
そんなこんなで僕はわりかし充実した一年ではあったんですが、
世間一般的に2020年はとんでもない年、なかったことにしたいくらい悲惨な年だと思います。
ふと思ったんですがだったらいっそのことなかったことにしちゃえばいいのに、と思いました。
何言ってんだお前、と思うかもしれませんが、こういうことです。
世界中の国でもう一回2020年をやるんです。やり直すんです。
「ハッピーニューイヤー!2020!」で始まりもう一回2020年をやる。
もうみんな歳も取らない。学年も変わらない。
今年あったことの反省を活かして、もう一回2020年をやる。
そうすれば「1年無駄になった」っていう感覚から「1年得した」感覚になりませんか。
と、まあこんなことを言ってみても実際にできるわけはないですね。
年も取るし、終わってしまった2020年は戻ってきません。クソみたいな1年でした。
しかしね、1年無駄になったなら1年延ばせばいいんですよ。
なにくそ、と、もう1年長生きしてやりましょう。
そして今年できなかったことを、やりたかったことをまた来年やればいいんです。
ただ一人が一年間何もできなかったら「お前この1年何やってたんだ。」なんか言われるかもしれませんが、2020年は人類がみな何もできなかった年なのでそんな事言われる心配ありません。
話は変わりますが、僕ね、ものすっごい神経質なところがあって、無駄、が大嫌いなんですね。
特にもっとも嫌うのが”時間”の無駄。
時間というのは先程も書いたように取り戻せないですから、それを無駄にするのがすんごくイヤなんです。
だからこそ毎日なにかやらなきゃならない。ボーっとしてたらもったいないと思ってるんです。
そんな性格だからこそ、毎日”身になる”ことをやらなくては気が済まないので
凄まじくいろんなことができるようになりましたが、それでも実際には限界があります。

毎日「何かしなきゃ何かしなきゃ」とやることを探してましたがそうなるとやっぱり持ちません。

時間の限界だったり体力の限界だったりお金の限界だったり、やりたいことが出来ない時もありました。
そうなると不安やら焦燥感でいっぱいになりイライラすることが多いんです。
しかし、こんな僕の血を受け継いでるとは思えないほど、うちの娘はものすごいマイペースなんですね。
宿題をやれと言っても学校の準備をしろと言っても「あしたやるよー」と後回し。なんどもなんども怒られています。
そんな娘ですがある日、
まだコロナなんてない頃だったと思います。確か普通の週末、土曜日でした。
なんだか僕の仕事が忙しくて出かけもできず夕方になっていました。
このままでは一日が終わってしまうしなんかしなきゃと思いましたがもう夕方ですし出かける時間もない。
せめてと思って家の前でなわとびをして遊んでたんですね。
今日はなにも出来なかったな。
そうため息をつく僕をよそに
「あしたもーあそべるー」
と変な歌を歌いながらなわとびをする娘。
確かに明日もお休み。また明日も遊べます。
ただの普通の週末。2日しか休みはありません。
土曜日が終わってしまおうとしてるときでも娘にとっては「まだ明日もある!」わけです。
僕や大多数の大人は「もう半分終わってしまった」「休みは明日で終わり」と思うんではないでしょうか。
しかし子どもたちにとっては「明日がまだある」という見方をするんですね。
今日出来なかったことは明日やればいい。
今日が終わってしまってもまだ、あしたもあそべる。
さて、今年もそろそろ終わります。
今年は全然遊べない中終わってしまいますが、また来年も遊べます。
あいにく未だコロナウイルスの収束の兆しも見えない中ですが、
来年ダメなら再来年だって遊べます。
なにも今日、やらなくたっていいんです。
生きていれば、 あしたもあそべる わけですから。
ではまた来年。  

灯火

更新がものすごく停滞しているこのブログ。
ありがたいことに一度更新したら一気にアクセスが増え、その後2、3日はそれが続きます。コロナみたいですね。

更新し始めたらまた続けて更新してるのかなとチェックしてくれる人が多いようですが残念、2ヶ月ぶりの更新です。

前回、これを書いた時。心がスレてきたのもあり自分の不満をぶちまけるつもりで書きました。

そして、どうせ数ヶ月に一度しか更新しないし次に更新する時はコロナなんて落ち着いてだろうと思ってましたが残念ながらまだですね。もう一息。

こんなコメントをいただきました。

やっぱり

初めまして

あいさつが注目されたときからずっと、全部読んでます。
こんな時だからこそ、と思い出して久しぶりに訪問してみたらやっぱりUPされてました。
隈さんも相変わらずのコメントでなによりです。
私事ですが、震災当時と仕事も環境も変わって今では僕も結婚しました。
実はこのブログがきっかけです。
さて、当時のジュンさんのブログファンは今でもきっと待ちわびているはずです。
更新頑張ってください。
みんなで乗り越えましょう!

このブログのどこをどうしたら結婚に繋がるのか想像もできませんが、嬉しい限りです。結婚式呼んでくれれば良かったのに。隈っちの葬式は絶対顔を出すと決めています。隈っち、死んだらコメントしてね!

そういやこのブログが大きく飛躍したの、震災の時でしたね。あの頃は毎日1万円ほどの広告収入があって幸せだった。

僕はきっとね、ストレスが溜まったり辛くなったりすると溜め込む。ずっとずっと。

しかし、こうやってブログでもなんでも吐き出すとだいぶ楽になるんです。

このブログなんてどんだけ不謹慎なこと言おうと炎上しようと下ネタを言おうと御構い無しダメージなしなのでちょうど良いのです。

いつだか、同級生で中学校の先生になった友人がこのブログについて「ワードセンスが良い。毒もあれば正義もある。力を抜いて読めるしハッとすることもある。」と褒めてくれたことがあります。学校の先生ですよ。

後に彼、大麻所持で逮捕されましたが、学校の先生に褒められたことが嬉しくって嬉しくって。

つまりね、平穏が続いている時って書くことないんですよね。良い出来事か悪い出来事か分かりませんが、何かあった時に僕は何かを書き始めるんです。

ずーっと更新が止まってたとき、平穏が続いてました。なので書くこともなかったんです。

さてどうでしょう。

前回に続き、今では悲しいかな平穏は奪い去られてしまいました。

僕ももう3ヶ月以上は市内から出ておりません。遊びにも行ってません。仕事はあるけどクソ暇。何もすることないのになんかしろと圧力をかけられ、ディズニーランドに行きたすぎる娘はマツコの知らない世界の風間俊介の特集を何万回と見ています。気が狂うわ。ディズニー行きたい。

しかし先日、緊急事態宣言も解除され、我が神奈川では休業要請が解除です。お店も開き始め街に人も多いです。

確かに新規感染者も少なく、なんとなく先が見えてきたかなって気がしますね。

そんなタイミングと「自粛生活もいい加減にせえや」と我慢がならなくなったくらいのタイミングが重なりましたね。多分今週末はヤベェことになる気がします。そして6月入ってからきっと感染者はちょっと増えるでしょう。

テレビCMなどで「新しい生活様式」みたいなのがよく流れてるのを見たことないでしょうか。

つまりは、「このウイルス、ゼロにはならないから社会が動き始めても気をつけないとダメだよ。今まで通りじゃダメだよ」ということなんじゃないかと思います。

僕は専門家でもなんでもないから勝手なこと言いますが、例えば

今まではないところもあったけど、デパートや商業施設のトイレには石けん完備、とか

室内で密集するものは好まれない。アウトドアや屋外の娯楽が流行る、とか。

勝手な予想ですが。

学校もきっとむやみに集会したりなどは減るんじゃないでしょうか。

感染拡大を防ぐため、もう誰の命も脅かされないためにかつての生活は仕方ない変えましょう。

しかしね、変わるのは一般市民の生活ばっか。社会は変わるんでしょうか。

例えば、僕の自宅に容赦なく各税金の案内がきました。このご時世に少し税額すら増えてました。

まあ、収入が少し減ったとは言え払えますから払いますけど、銀行でしか払えないんですよね。僕の住む自治体は。

自粛だなんだ、外出が悪だと弾圧すらされている今です。むざむざ税金払いに銀行まで行かなきゃならない。ネットでカードで払わせろよと。

実際6月は税金の支払いの季節。

自動車税、軽自動車税、固定資産税…

たーくさんのお葉書が届きました。ちなみにマスクも給付金の手続きの案内は来ません。来やしません。

またまた、経済や雇用に関してもそうです。

ナントカ給付金だか知りませんが、9割が国が負担するから雇用を維持させてくれっていうアレです。

しかしまぁ、残りの1割負担が嫌だから、だったら社員のクビを切るって企業ばっかですよ。

人が死のうが、簡単に変わることのない日本企業のことを、国は知ってるんでしょうかね。

いくら政府やお上が「新しい生活様式」だなんだ言っても、結局決められたことをやらなきゃいけない人達は変えることができない。

あの10万円貰ったって「このご時世だから」とこのご時世じゃなくても上がらないボーナスをドサクサでカットされ、なかには解雇すらされる人だっているのに。全然足りない。むしろマイナスだよね。

たしかに感染を抑えるためには私たちの生活を変える必要があるかも知れない。

しかし、それを求めるなら社会を変えなきゃ。新しい社会様式を作らなきゃ。

残念ながら日本企業は変えない(所が多い)。

だったらどうするか。法で縛るっきゃない。なんせ人が死んでも変わらない企業がおおいんだから。

すごーく簡単なところで良いんですよ。例えば税の支払いはネットで出来るようにするとか、

コロナにかこつけて社員に不利益を被らせたらその企業は給付金とか支援はナシ!とかね。

僕らは1番小さな歯車なんです。僕たちの動きを変えるには大きな歯車たちが変わってくれないと、僕らは壊れてしまう。そのことを国や企業などの大きな歯車は分かって欲しい。

「オレたちも変わるからお前らも頑張ってついて来い!」

こういう声が聞きたいものですね。

しかしまぁ、なんとなく収束への灯火が見えてきたような気がしませんか?

でもまだ小さな小さな灯火。すぐに消えてしまいます。

もうちょっともうちょっとだけ見守ってあげましょう。

いつか世界を照らす太陽になるまで。