Lose Weight Weight Loss Belly  - Tumisu / Pixabay

減量生活

減量、始めました

 

 

立春を迎えたとしてまだまだ寒い日が続きますね。
立春と言えば節分。なんで今年は節分2月2日だったんですかね。そんなことあるんですね。

今年の節分は不景気や疫病なんかを鬼に見立てて豆をまいた人も多そうですね。

正直言うところ、もうコロナはいい加減にしてほしい、というかもう飽き飽きしてしまってますし、
早いところガッと収束させて世間の血のめぐりを良くしてほしい限りですね。
今の政府なんかを見てると暫く無理そうで頭が痛くなります。

 

話しは変わりますが、只今減量、ダイエット真っ最中なのです。僕。

病からタバコを辞めまして、それから1段階。ストレスフルな生活になってからもう1段階と太ってきてまして。
一番痩せていた時期は50キロ台前半で体脂肪率も10%を切ってましたので、その時期から比べると15キロ近く太ってしまったことになります。

まあその痩せてた時期はかなり虚弱体質になってしまったんでそこまで痩せたくはないですが、
やっぱりさすがに少しはどうにかしないと、ということで減量を始めました。

僕って何が良くないかっていうと圧倒的に筋肉量が少ないんですよね。まったく体なんて使わない生活してますから。

僕には優秀なパーソナルトレーナーが知人に2人おりまして。その二人から(無理やりタダで)いくらでもアドバイスが貰えるんですが、僕のダイエットっていつも「調べる」「記録する」「食べない」「動く」の4本の柱で成り立ってます。

 

いつの時代も〇〇ダイエットだの〇〇運動だのありますが、結局のところ食べた以上に動けばいいんですよ。動けないなら食べなきゃ良いんですよ。

体を動かすこと自体は嫌いではないですから、暇が出来たらなんでもいいから体を動かします。
運動自体が悪く作用する事なんてないと思いますんで、もうなんでもいいから適当に体を動かしてます。

筋トレなんかも多少はしてますが、一番ハマったのがエアロバイク。
なんせテレビ見ながら漕げるのがめちゃくちゃ僕の生活と合っていまして、よく釣り番組見ながら漕いでます。ベルピー貴子が卒業しちゃうのが悲しい。

お休みの日は出かけちゃうんで歩いたりするからあまりやりませんが、仕事の前に小1時間漕いでます。計算したところによるとごはん2杯分くらいのカロリーなら消費できるみたいですねー。

 

後は徹底的に調べます。こういう筋トレがあるからこの食べ物にはこういう栄養があってこういう栄養が足りない。運動すると良い時間やらタイミングやら。
やっぱり忙しい身ですし、やるからにはもっとも効率よくかつ失敗したくない。

ちょっと小耳にはさんだことがあって食べ物にはGI値というものがあるそうです。
それがなんだかはイマイチ分かってはいませんが、とにかくこれが低いもんを食べていれば太りにくいってことが分かりました。
それでもって、GI値が低いものはなにかっていうと、蕎麦だったりパスタもそうですし。野菜だとサツマイモなんかも低いって聞きまして。
それで最近コンビニに焼き芋が売ってるんで、これはいいと思って焼き芋食ってたんですが、
GI値が低いのってゆでたり蒸したりしたサツマイモで、焼くとGI値がバリ高くなるよ、と知人のトレーナーに言われまして。さんざん食っちゃったじゃないか、なぜ同じ食品でGI値が変わるんだ、相対性理論はどうなった、とキレたわけです。

そんなことがありまして、今ではゆでた芋とブロッコリーばっか食べてます。単純にこの二つは好物なんです。というか低カロリーなものって僕が好きなもの多いんですよね。こんにゃくとか、豆とか。

 

そして徹底的に記録します。食べたものと体重は基本ですよね。
久しぶりにわが家の体重計に乗ったら乗るたびに誤差が±15キロくらいあるんで、お話しにならないので新しいの買いました。
今すっごい便利でアプリと連携して体重やらその他を記録してくれる体重計があるんですよ。それも自動で全部記録してくれるんでめっちゃ楽。


買ったのコレ。アプリで自動で記録してくれるしグラフで見やすいしでラクチン。

食事も記録しようと思いいろいろ見てましたがこれもアプリがありまして、
なんと写真でとった食事をAIで解析してカロリーやら脂質・糖質量なんかも計算してくれるやつがあるんです。

https://calomama.com/
これです

たまにトマトが”スイカ”になったり鶏肉が”ハマチ”になったりしますがその辺はご愛敬ですね。

記録のいいところって、後でいろいろわかるんですよね。
「やっぱり酒飲むと増えるな。」とか「めっちゃ食べたのに動いてる日は増えないな。」とか。

 

そんなこんなで2月4日の誕生日から始めて、初期ボーナスかスルリスルリと体重も落ちていって
今のところ2キロ減しています。こうなってくるとせっかく少し痩せたし続けよう!とやる気も出るってもんです。

一回すっきり痩せたら、せっかくなんで少し筋力もつけたいところですね。疲れやすいし太りやすいしでいい事ないわ。

 

と、いうことでしばらくダイエット生活が続きそうです。
ごはん誘ってくれても行かないからね!

 

 

Pills Drugs Medicine Recovery  - Jessica7191 / Pixabay

びえん

そろそろ来ますね。あの時期が・・・。

 

さて2月に入りました。
立春も過ぎあとは少しずつ暖かくなるのを待つばかりですね。

 

ところで今回の話はメディカルな話題。
僕、ものすごくアレルギー体質で、
猫がダメだったり、ホコリがダメだったりするんですね。

もちろん、アレルギーと言ったら憎き花粉もアレルギー。

僕はスギ花粉はそこそこなんですが、ヒノキ花粉ブタクサ花粉にはめっぽう弱く、
ヒノキが冬、ブタクサが夏とダラダラと一年中花粉症が続くんですね。

それに加え先述のホコリ、ハウスダストってやつですか。
それを加えるとずーっとアレルギーが出てるようなもんです。

 

僕の場合、目はあまり痒くならないんですが、とにかく鼻炎がひどく年中鼻づまりに悩まされております。

あと、意外かもしれないですが喉や実は咳なんかもでるんですよ、花粉症って。

咳はまあ、なにか飲み物を飲んだりしてなんとかなりますが、鼻炎って本当辛くないですか?
呼吸も苦しいし、くしゃみが出たり・・。

特にしんどいのが鼻づまり。なんなんですかね、なんで鼻が詰まるんですかね。

聞いた話によると鼻づまりって鼻水で穴が塞がるんでなく、粘膜が腫れて鼻腔を塞いでしまうらしいですね。そんなに腫れるんですね。

 

まあ、本当ならば耳鼻科にでも行ってしまえば早いんだろうけども、
熱や仕事・学校に行けないレベルの具合の悪さならすぐに病院に行けますが、
鼻炎程度だと「わざわざ休んで耳鼻科かぁ」と行けなくないですか?

僕も貴重な有給休暇を耳鼻科なんぞに使ってられず、仕方なしにドラッグストアでなんかないかと見に行ってみたんです。

最近のドラッグストアってすごいですね。僕の近所のドラッグストアは薬はもちろんのこと、お菓子や食品、日用品。挙句の果てにタバコまで売り出しました。マジでコンビニ並の品ぞろえです。

そんなドラッグストアの鼻炎コーナーを見てみると、効きそうなのがありました。

鼻スプレー、点鼻薬ですね。

 

最初はこんなん効くんかいな、と思っていましたが数百円だし買ってみるかと購入。

こんなやつね。

 

鼻にスプレーするのは怖かったんですけど、恐る恐るやってみるとこれがびっくり。

スプレーしてほんの数分。みるみる鼻づまりが解消されました。ホントちょっと怖いくらい。

 

初めて体験した時は「なにこれすげー!」「ちょっと怖い!これ平気なの?」と大騒ぎしたものです。
ホント、鼻づまりに悩んでる人は一度体験してほしいと思う。

 

これはいいものを見つけたぞ、と鼻が詰まればシュッと。
もうこれなしでは不安で仕方がない。カバンに1本。ベッドに1本。職場にも1本。車にも1本。
と、本当にあらゆるところに常備しておりました。

 

快適な鼻スースーライフを楽しんでいたんですが、とある記事をネットで見まして。
ある言葉を知るんですね。それが「薬剤性鼻炎」。

なにかというと、僕が愛用していた点鼻薬。
なんでこんなに効くかっていうと、血管収縮剤が入っており、これが先述の「鼻の中の粘膜が腫れている」ところに効いて鼻づまりを解消するらしいんですね。

しかし、長期間常用していると効果も薄れるし鼻の中も荒れてしまい、薬が切れると余計に鼻づまりが悪化する状態になってしまうそうです。

 

もちろん、一時的に使用したりする分には問題がないそうなんですが、僕の場合これが無いと生活ができないくらいに使ってましたので絶対によくありません。

 

ではどうしたらいいか。困ったことに治療法は「薬を断つこと。」
しかしですね、薬を断てば相当苦しい鼻づまりが待っています。
一度あの鼻スースーを体験してしまうと、またあの鼻づまりに苦しむのなんて耐えられません。

本来ならここでまた耳鼻科に行きゃあいいんでしょうが、なかなかそんな時間も取れません。

どうしたもんか、とまた調べていると見つけたのがこのお薬。

結局また点鼻薬じゃねぇかと思うかもしれませんが、違います。
これは血管収縮剤の入っていない点鼻薬でして、ステロイド配合なのでマジで用法容量には気を付けないといけませんが、
血管収縮剤の入ってる点鼻薬を絶ち、その間以前にも増して鼻づまりがひどくなるのでこちらの点鼻薬を使うというわけですね。

そしてしばらくすると薬剤性鼻炎も収まり、ステロイド配合の点鼻薬も使わなくても大丈夫になるというメカニズムらしいです。

 

最後にこれを試してみてそれでもだめなら大人しく有給取って病院に行こうを決めました。

まず点鼻薬を絶ちます。そうするとそれは苦しい禁断症状がでました。点鼻薬は麻薬かと思った。
そこでステロイド配合の点鼻薬。これが高いしプッシュしてもちょこっとしか出ない。
こんなんで効くのかな、と不安を覚えましたが案外効きました。
血管収縮剤の入った点鼻薬のように怖いくらいの即効性はありませんでしたが、用法容量を守って使っていても普通に生活できるくらい。

2,3週間経ったくらいでしょうか。
そのうちにだんだん慣れてきてスプレーする回数も減ってきまして、どうしても詰まった時だけシュッとやる感じになりました。

 

しばらくそんな感じで使っていると、「あれ、最近シュッてしてないな。」と気づきました。
そういえば鼻づまりもさほど酷くない。

 

そんなこんなで悩んでいた薬剤性鼻炎もすっかり良くなりました。そのあと別件で耳鼻科に行くことがあり、ついでに見てもらったところ、まあ大丈夫でしょう、と言われました。本当はさっさと耳鼻科にかかれば早いんだけどねとも言ってました。分かってるよ。

 

さて、冒頭でも書いた通りそろそろ花粉の時期。
なんであんなに辛いんでしょうね、花粉症って。

あーやだなー。