バースデイ

20180629075811370.jpg 

先日は娘の誕生日でした。
例年はいつも休暇を取って家族旅行がてらディズニーランドに行ってたんですが
、なんせ下の子が首ぐでんぐでんですので今年は近場でお祝いです。
今年はディズニーいけない代わりにプレゼントは奮発してやると言ったら容赦なく買わされました。まぁディズニー行くのに比べりゃ安いもんですが。
もりもりプレゼント買ったり、どこかへ出掛けたりと、大変は大変なのですが、
一体あと何回娘の誕生日を一緒にお祝いできるのだろう、とふと思いました。
多分15歳にもなりゃ高校生だし、親となんて誕生日を祝わないのかなと。友達なり、彼氏なり。
そう考えるとあと10回あるかないかなんですよね。きっと

 

そんなこと考えてたらふと寂しくなりまして。
例えば親元を離れるのが20歳だとします。実際はもっと遅いかも分かりませんが。

 でもまぁ、さっきも言いましたがきっと15,6歳にもなりゃ、親父なんか構ってくれないでしょうし、
そう考えるとあと10年くらいか、と。
 今はね、毎日毎日大変だ、自分の時間なんか全くないと嘆いていますが、あっという間に遊んでなんかくれなくなるでしょう。
 そう考えるとね、子供の成長って早すぎます。

きっと世の親たちは、自分の子が大人になり離れていったとしても可愛がり足りないんですよね。成人するまでの20年そこらでは。 

寂しいな、もっといろいろしてやりたかったなと思っている時にどうですか。今度は孫が生まれます。
 
子供が親元から離れ、行き場を失った愛情は今度は孫に行くわけですね。そりゃあ溺愛します。 
ましてやその頃にはお金も時間も余裕がありますからね。愛の堤防も崩壊ですよ。
 我が家はまだ六歳。
まだまだ先は長いのか、それともあっという間に過ぎてしまうのか分かりませんが、
そろそろ小学校の準備も考えなければいけません。
ランドセルや学習机やら… 
うちもおじいちゃんに愛の堤防を崩壊させてもらう時が来たようです。

CSSで行こう

子供のころの習い事ってなんですか?

僕は幼い頃からピアノ、公文式。あと水泳。
中学になってもピアノは続けましたかね。あとは受験時には塾も通いました。
塾は最初はたくさん生徒がいる大手にいたんですけど、ワイワイうるさいのが嫌いだったし
「先公なんて反抗してナンボだろ!」見たいなクソ中学生も多く途中で変えました。
変えた先が生徒数は少なかったんですが、友達みたいな先生と「一緒にがんばろうぜ!」みたいな先生が多く、
もちろん受験対策の勉強はしてるんですけど、子供と話が合うようにゲームをやったり漫画を読んだり(もともとゲームや漫画が好きだったのもあるとは思うけど)もしていてとても居心地よかったです。
お陰様で人気校に合格しました。元気ですか後藤先生、木村先生。
今では僕が人の親。子供には子供チャレンジやらせてます。
アレなかなかいいですよ。「んなもん遊びみたいなもんだろ」と思っていましたが流石はベネッセ。
絶妙に子供心をくすぐる遊びに見事に「学び」を織り込んでます。
ついこの間「おじぞうがはえた!おじぞうがはえた!」と仕事中に電話が来ましたが、
育てていたおじぎそうの芽がでたみたいです。
月会費も安いし、お勉強を「楽しいこと」と覚えさせれば将来も楽しみですね。
大学の学費は頑張るのでいいとこ出て将来「お父さんも歳なんだから」とぽんとリフォーム代を出してくれるくらいの大物になって欲しい限りです。

さてCMを挟んだところで、本題です。

現在「子供に習わせたい習い事」のNO1はなんでしょう?
アホで中年の古臭い君たちは「そろばん!」とか「習字!」とか思ってるでしょう。違います。
今、子供に習わせたい習い事NO1は「プログラミング」です。
なんと現代的で生産的なのでしょう。
かくいう僕もプログラミングは勉強してます。ほぼ独学ですけど。
まあ、こういうブログやサイトを運営するとどうしても多少は必要になるわけで。
今までも「html」はもちろん「CSS」や「php」などを勉強中です。webデザインですね。
あとは物珍しさで「Ruby」とか「Swift」とかやりましたけど本を読んだだけでなんも出来ません。難しすぎる。
実はプログラミングと僕の本職「英語」って相性がよくて、まあ、実際は英語ではないですし
英語が出来た方が楽に覚えられるよっていうだけなんですが、
そういうこともありプログラミング僕もハマっています。
未来ある子供たち、なぜプログラミングを習わせたいかっていうと、もはや今の世の中プログラミングなしで存在するものなんてないんですよ。それこそ「そろばん」や「習字」とかか。
パソコンが一般的に普及して20年くらいですか?そして今では子供からおじいちゃんまでスマホを持っています。
あなたがこのブログを読んでいるのも、友人恋人とLINEしたり、写真を取ったり、エロ動画見たり、お金を管理したり、支払いをしたり。こんなんも全てスマホアプリで出来ます。
そのスマホアプリはもちろんプログラミングで出来ています。
もう世の中プログラミングがなければ何も出来ません。
逆を言えばプログラミングができれば「なんでもできる」わけですね。
今僕は新しいサイトを作ってまして、これもまあプログラミングを使ってちょっとしたサービスを作ってるんですが、完成したら是非ともゴリゴリ稼いでもらいたい限りです。
こんな風に自宅でお仕事を出来るのもプログラミングの良いところですね。「勤め人」が常識の世の中もそろそろ終わりかもしれませんね。踏ん反り返ってる経営者を見返してやりましょう。
そんなこんなで僕おすすめの習い事は「プログラミング」です。
子供だけでなく大人も挑戦して見ても良いかもしれません。

ズル休み

おはようございます。

皆さんは出勤中ですか、それとも仕事がすでに始まっていて早く昼飯にならないかなと思ってるくらいですか。ザマアミロ。
昨日も言ったように僕は本日はお休みです。有給です。休んでなお、給料も出るという素晴らしいシステムです。
とはいえ、今日は燃えるゴミの日なのでいつも通りに起きてゴミ出ししました。オムツが臭いからね。
その時に近所の小学生に挨拶されたのですが、そうか小学生も学校か。平日だもんね、そりゃそうか。
ウチは保育園なので今日は休ませましたが、そうか小学校になったらそうホイホイ休ませられないんだなぁと。
保育園はあくまで保育なので親が休みの時は一緒に過ごしてください、というスタンスなんですね。
まあ、運動会とかお遊戯会の当日やその練習の期間はできるだけ避けてますけど。
しかし小学校は義務教育、学校に行かせないと怒られます。
ちょっと前にも「皆勤賞はアリかナシか」みたいな話題がありましたね。
無理せず休むことも大事、それは分かります。
では「遊びに行くから休む」ではどうでしょうか。
よくブラックな会社とかで有給を取ろうとするとその用途を聞かれることがあると聞きました。
んなもん「私用です」でいいと思うんですけど、「遊びに行くから休む」ってのがまかり通らない会社もあるそうですね。
僕のとこなんかは「カニの食べ放題行くから休むわ」と休んで行く人が居るくらい意識が高いんだか低いんだか分かりませんが、数少ない僕の勤務先のいいところです。
有給なんてもんは働く大人に与えられた「ズル休み」の権利だと思うんですね。
さっきの話に戻りますが、小学生は平日学校です。
親の平日休みなり、有給なりに合わせて学校を休むのはどうか、と。
僕の意見はアリです。
もちろん毎週月曜休むとか言語道断ですし。
月一でもちょっといやですかね。あくまで「特別に」がいいんじゃないでしょうか。
例えば父親の有給に合わせてディズニーランドに行ったり、とかね。
「土日に行けばいいじゃない!長期休みがあるじゃない!」
と大騒ぎするご婦人も居るかもしれませんが、土日が仕事の人もいますし、長期休みが忙しい業種だっています。そういう家庭の子に生まれたらディズニーとは旅行とかは行けないっていうのは違いますよね。
僕みたいに人混みに入ると体調と機嫌が悪くなる人もいます。
だからね、たまにはちょっとズル休みしてお出かけなんかもいいんじゃないですか。
「普段から毎日頑張ってるし、今日は特別だ。みんなで出かけよう。」
多分子供はめちゃくちゃ嬉しいと思いますよ。
家族みんなで楽しむ。これも義務教育の一環です。