ミニーの公園

僕は土曜日、娘を保育園へ迎えに行く。
平日は嫁さんが行ってるんだけど土曜だけは保育園が早く終わってしまうので仕事の関係上間に合わないことが多く、
僕は土曜日は休みの事が多いので僕が迎えに行きます。

別に嫁さんがウザいとかそういうつもりではないですが、僕はこの土曜日の数時間、唯一娘と二人になる時間です。
普段家に帰れない日も多く、ましては娘と二人など到底ないのでこの時間が僕は好きです。
よく帰り道寄り道してお菓子を買って公園で食べたり、本屋さんに行って本を買ったりしています。

そんなある日、娘が好きな公園があり、よくそこに行くのですが、
その日もコンビニでお菓子を買い、公園で食べて遊ぼうかと公園へ行きました。
そこまで大きくない公園ですし、人も少なく人見知りの娘にはもってこいの公園です。

その日は珍しく一人、高校生の女の子がいてブランコに一人座っていました。
どうせ彼氏か何かと待ち合わせだろう、と僕は気にしていませんでした。

お菓子を食べながらはしゃぐ娘。かったるそうにベンチに座ってそれを見てる僕。
すると娘がべシャっとまるで漫画のように転びました。怪我こそなかったもののお菓子は泥だらけになり到底食べれるような状態じゃありません。
泣きじゃくる娘、僕はイライラしつつも「また買ってやるから。」と言っていたら、先客の高校生の女の子が
「これあげる、だから泣かないで。」と持っていたアメをくれました。

人見知りの娘は恥ずかしそうにそれを受け取りました。
僕は「ありがとうは?」というと照れくさいようで言いません。
「ごめんね、人見知りで・・。ありがとう。」
僕はその女の子にお礼を言うと女の子はにっこり笑った後に公園を去りました。

また違う土曜日。
僕らはいつもの公園に行きました。

公園に到着すると「アメくれたお姉さん。」と娘が言うので目をやるとこの間アメをくれた高校生の女の子がまた一人でいました。
高校生の女の子はこちらに気づき手を振ると、相変わらず人見知りのうちの娘は照れくさそうに僕に隠れます。

おそらく吹奏楽部なんでしょうか。楽器の入っているケースを持っていて、それをベンチに置き一人で公園にいます。
ウチの娘がキャッキャ公園で遊んでいる間、僕はこの前のお礼をしつつ少し話しかけました。

「なんでいつもここに来てるの?誰かと待ち合わせ?彼氏?」

「いや、そんなんじゃないですって!」
「わかった!彼氏と別れたばっかか!はーん!」
「違いますよ!バイトまで時間あるから一度家に帰るのも面倒だし時間つぶしてるだけです!」

品のないおっさんが女子高生に絡むというどうしようもない時間が流れます。
すると娘が戻ってきて「あ、わんわん!」と言います。
犬なんかいません。何言ってんだこいつ。

娘が指さす先を見ると、楽器ケースに写真の入ったキーホルダーのようなものを見つけました。
その写真は小さな犬で、それを見て「わんわん。」と言っていたようです。

女子高生は
「わんわんだね、ミニーっていうんだよ。」
と教えてくれました。

「可愛いねー」
となぜか僕に小さく言った娘はまた走って滑り台に行ってしまいました。

おっさんの僕は女子高生と何話していいかもわからないのでその場しのぎで
「今この子何歳なの?」と聞きました。

「もう15歳なんです。たぶん、もう長くないかな・・。」
と暗い顔をしてました。余計なこと聞いてもうた。

僕も最近実家の犬を亡くしたばっかりでその悲しみが分かります。
すると彼女はこの公園に来てる理由を教えてくれました。

部活が終わり、いつもなら一度家に帰りバイトまでの間この公園にミニーを連れて散歩に来ていたそう。
しかし、ミニーが歳をとり、具合が悪いため散歩はもう行けないらしいのです。
となると一度家に帰るのも面倒だし、かといってどこかに行くほどの時間もないのでなんとなくこの公園に来てしまうらしい。

辛そうに話す彼女。余計なこと聞いてもうた。

あたりが暗くなり始め、僕らも家に帰ることにしました。
バイバイ、と手を振る彼女。娘は相変わらず照れくさそうに僕に隠れます。

帰り道、急に娘が僕に言いました。
「わんわん、かわいかったね。」
彼女の犬、ミニーの事でしょう。

「こんど、あえたらいいね」

んー、たぶん会えません。具合悪くて外に出れないですから。

「ミニーちゃん、お風邪引いちゃったんだって。」
僕は苦し紛れにそうやって説明しました。
「そっかー、かわいそうだね。」

娘は何の疑いもなく納得しました。

また違う土曜日。
いつもの公園に行きたい、というのでまたコンビニに寄りお菓子を買ってから行くことにしました。

しかし、なぜでしょう。普段は割と聞き分けの良い娘がアメを3つ持ってきました。
「ダメだよ、一個だけだよ。」
と僕は言うと
「おねがい、3こかって。」と聞きません。

「ダメだよ、なんでそんなわがまま言うの?」
というとシュンとして聞きません。
「わかった。じゃあこっちにする。いっこ。」
と持ってきたのがスゲーデカいチョコがいっぱい入った袋でした。高い。

「さっきの3個持って来い。」
この知能犯め、とやれやれと思う僕でした。

僕たちは買ったお菓子を持っていつもの公園へ行きました。
やはりあの高校生は来てました。

すると珍しくウチの娘がその高校生の元へ歩いていき、無言でアメを2個わたしました。
その後、僕の方へ走ってきて僕に
「いっこはおねえさんの、もういっこはミニーちゃんの」
と言いました。
「アメたべたらおかぜもよくなるよ。」
と僕に言います。直接言ってやれよ。

僕は女子高生に説明すると
「そっか、ありがとう!」と言ってくれました。

ひとしきり遊んだあと、帰り道娘は僕にこう言いました

「ミニーちゃんおかぜなおるといいね。アメたべたらなおるかな。」
「うん、きっとなおるよ。」
「おかぜなおったらあえるかな。」
「うん、きっとあえるよ。」

僕はそう答えました。
しかしウチの娘は知りません。
ミニーちゃんが息を引き取ってしまったことを。

僕らはそのあともいつもの公園に行きました。
あの日から女子高生は公園にはいませんでした。
もちろん、ミニーちゃんも。

しかし、3歳児なんてアホですから、ミニーちゃんの件は覚えてないというかわからない物です。
普通に遊んでます。
僕もまあもう来ないだろうな・・。と思っていました。

そんなある日、いつものように公園に向かうと娘が

「ミニーちゃん!ミニーちゃん!!」と叫びます。

そんなわけない、と僕が公園を見渡すと

走り回る小さな子犬とそれを連れているあの女子高生。

「ミニーちゃんだ!」

どうみてもミニーちゃんじゃないです。そもそも犬種が違う。

「あ、こんにちは!」
女子高生が笑顔で話しかけてきました。

「本当は辛くって、もう二度とこんな思いしたくないからもう飼うのやめようって思ってたんですけどね。」
どうやらミニーちゃんをなくした後、辛くて犬なんか飼いたくないと思っていたらしいですが、犬を飼ってる人は犬無しじゃ生きていけないんですね。どうしてもまた犬を飼ってしまうんです。
「くよくよしてても仕方ないと思いまして。ミニーちゃんも私がこんなんじゃきっとゆっくりできないですもんね。」
「それで里親募集で見かけたこの子をミニーちゃんと遊んだ公園でのびのび遊ばせてあげたいなって思ったんです。」
「よかった元気でたみたいで。」
「ええ、アメ食べたから元気出たんです。」

「かわいいねーミニーちゃん!」
背中をなでるうちの娘。

「アメたべたから元気になったんだよ!」
ウチの娘に女子高生はそう言いました。優しい嘘です。
「そっかー!よかったねー!」

「名前ミニーちゃんっていうの?」
「いいえ、クッキーです」
「そうだよね」

その公園には、なぜか「ミニーちゃん」と呼ばれる子犬クッキーと、
すっかり元気になった高校生が今日も散歩しています。

公務員と僕

引越してほぼ2か月、やっと落ち着いてきた様子です。

引越し、それも家を買って建てたとなると様々な手続きが超めんどくさいです。
普通に引っ越しただけでもアレコレやらなきゃならないことがいっぱいあるのに、さらにそれの10倍はあると考えてください。

単純に住所変更はもちろん、土地の権利やら税金、銀行の手続きやらなんやらとほぼ毎日やることでいっぱいです。
もう何十回と役所に行ったことか。それにことあるごとに住民票を使いすぎだっつーの。もう何十枚と取得したことか。

それにね、待たせすぎ。パッパ仕事やれよ。住民票一枚取るのにどれだけ待たせるんだ。こっちは貴重な平日の昼間にわざわざ来てるんだっつの。大体ね、なんで平日だけしかやってないんだよ。僕はたまたま平日に休みがあるからいいものの、普通の人だったらわざわざ有給取ってこなきゃならないじゃないか。

後ね、税金とかそうだけどこっちが払う時にはハガキ送ってきて、それこそ忘れてたり遅れたりしたものなら鬼の勢いで連絡来るくせに、還付金とか減税の時はこっちから連絡するまで音沙汰なしってどういうことだよ。ハガキすらこっちから連絡するまで送らないってなんなんだよ。なにコラタココラ。

税金だって何かと理由つけて取りやがって。買った時に消費税もとられてるし、固定資産税だってあるのに、なんだよ不動産取得税って。買ったからお金払ってって。つうか領収書的なもの送ってこいよ。納税は義務とはいえさ。コンビニでうまい棒買ったってレシートくれるぞ。払ったか払ってないかわかんなくなるんだよ。何かと理由着けてやたら税金取られるからわけわかんなくなるんだよ。

ここ数か月、役所やら公的機関に行くことが多く、いろいろ手続きしてみてわかったことがあります。

公務員の人ってすごーい優しい。

あんた、結婚するなら公務員が良いよ。
聞いたところ、若いうちって給料も安いし、市や県のイベントでしょっちゅう休みは潰れるとか言ってたよ。いつもご苦労様。
後なんだろうね、県営市営の安心感。もう市営駐車場なんて見つけた日には「やったぁ!」とか思っちゃうもんね。
やっぱりね、国を支えてるってだけあるし、古い言い方で親方日の丸とはよく言ったもの。国のために、市民のために仕事をするってのは素晴らしいと思います。僕らみたいに金ばっか考えてるようじゃ人間荒むわ。
もうね、税金ちゃんと払うよ。文句言わずに払うよ。それをお給料としてもらってたまにはゆっくり休んでね。美味しいもの食べてね。

というのも、公的な手続きを行うにあたり当然公務員の方々にアレコレしてもらったわけですが、もうすっごいいい人たちでした。
感激したのでまとめます。

・意外と仕事が早い件
窓口が混んでしまうのは仕方ありません。丁寧な仕事なんです。
不動産取得税の件で県税事務所に電話した際、恐らく全額減税となるので手続きの方法と必要書類を送ります。との返答がありました。
また一週間とかかかるかなと思っていたら翌日届きました。翌日って民間の会社でもなかなかないです。
以前も書きましたが僕は病的なくらい完璧主義なので手元に書類がないと落ち着きません。届くまで心配で心配でなりません。
しかし翌日届けばもう安心。あとは手続するだけ。
それに「書類は届きましたか?わからない点はないですか?」と電話までありました。大丈夫です。ありがとう。

・接客のプロ
接客、と言っていいかわかりませんが、あの方たちは人と接するプロです。
ちょっとトラブルがあった時、僕はだいぶブチギレ状態で市役所に行きました。
よし、文句を言ってやろう。なんだったら怒鳴りつけてやろうという気持ちで行きましたが、実際に行ってみると優しい表情で「うん、うん」とこちらの話を聞いてくれました。
僕はすっかり怒りも消え、「この人たちならうまくやってくれる」と信じ、いろいろ相談しました。
その後、特に問題もないので解決したのだと思います。人の気持ちをしっかり理解し、考えてくれる素晴らしい方です。

・紙で手を切ってしまった時・・・
僕は市役所でいろいろな手続きをしていた際、うっかり僕の不注意で紙で手を切ってしまいました。
傷も大きくなく、少し出血してしまっただけなのですが、それを見た市役所の職員の方が
「大丈夫ですか?!救急車は呼ぶほどではないですね。こちらを使ってください!」とティッシュと消毒液を持ってきてくれました。
それで止血しているとその後ばんそうこうを持ってきてくれました。
「もし気分など悪くなったら言ってくださいね。」と声をかけてくれました。小さな傷なのにそこまでと思ったのですが、優しさゆえの心配です。

・雨に打たれて・・・
市役所に行かなければならないとき、途中で大雨に降られてしまいました。
その日僕はバイクだったのですが、帰るのも面倒だったので強引に濡れながら市役所まで行きました。
市役所の玄関前でなけなしのハンドタオルで拭いていたら
「大丈夫ですか?」
と受付の人がタオルを持ってきてくれました。
「もう寒くなり始めてますから、お風邪などひきませんように」と風邪の心配まで。天使です。

・咳がとまらなく・・・
僕は昔からスイッチが入るとというか咳が止まらなくなる発作みたいなのが出ることがあります。
これは法務局にいた時ですね。まさにスイッチが入ってしまい咳が止まらなくなりました。
ゲホゲホともだいていたら職員の一人が飛んできて「大丈夫ですか?」と奥にあった控室というか待合室のような個室に連れてってくれました。
そこで熱いお茶を持ってきてくれ「救急車とか呼びますか?」と言ってくれます。僕は「少しすれば収まるから・・」と言ったらひざ掛けのようなものをかけてくれました。

・喫煙所にて
とある市の施設に来てた僕。喫煙所でタバコ吸ってたら職員の人が
「これ、当たっちゃったから飲んで下さい。」と缶コーヒーをくれました。
カフェオレでした。

・市長と僕
市役所内で案内板を見てた僕。「何か探してますか?」と声をかけてくれたのが市長でした。

・戸籍課の岩瀬くん
戸籍課にいる岩瀬くんの声が素敵。

・しらす丼
食堂のしらす丼がウマい。

何かと「公務員のくせに」「公務員だから」とこき下ろされることも多い公務員。
しかし、みんないい人たちです。国のため人のために一生懸命仕事してます。
間違っても「俺の税金で食ってるくせに」なんて言ってはいけません。彼らもしっかり税金払ってます。なんだったらそう文句言ってるオッサンより多く払ってます。
みなさん、公務員の方への感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。彼らは素晴らしい人間です。機械や国の犬なんかではありません。

公務員の皆様、いつもありがとう。

しかし国会議員、テメーはダメだ。
クソが。

片づけられない女たち

モンハンクロス予約しておきました。恐らく、恐らくですが半年くらい何もしない時期が来ます。

引っ越して早1か月半。なんとも快適で今まであったさまざまなストレスがウソのようです。広いっていいね。
嫁さんがせっせこせっせこ掃除片づけをしてくれますので綺麗に維持できております。

実際、僕も割と綺麗好きというか掃除や整理整頓は好きなんです。
というか前回書いたように完璧主義というか潔癖の傾向がありますので、決まったところに必要なものがないとイヤなんです。

まあ、潔癖とはちょっと違うかもしれませんが、「物を探す」という行為が大嫌いでしていつも決まったところの置いておいて、必要になったらすぐに手にとれるようにしておきたいんですね。

こういった傾向は男性に多くみられるそうです。身近な例を挙げますと、男性は財布の中、クレジットカードやキャッシュカード。ポイントカードなどを決まったとこにしまうことが多いそう。
逆に女性は適当に入れてしまう人が多いんだとか。なるほど確かに。

こうやって「元あったとこに戻す」っていうのは大した手間ではない割に、次回必要になった時にパッと出せる、探す時間を大幅にセーブできるという大きなメリットがあります。

しかしまあ、職場の後輩でそりゃあもう全然片づけられないヤツがいるんですよ。
ペンやホチキスならまだ可愛いもので、無くなったらマジでヤバい顧客リストや絶対に外には洩らせない書類なども
使ったらその場にポンと置く癖があり、いっつもどこにあるか分からなくなるんです。
一番腹立つのが電話機の横にメモを一冊必ずおいてあるんですが、電話を受けそのメモをもってどっか行ってしまい、例によってもとに戻さないために、次僕がその電話機で電話を受けるとメモがどれずあたふたしてしまうんです。
そういう時に限って近くに紙がなかったりするんで一回ムカついてペンで机にメモを取ったんですが、いまだに残ってます。上司に「なんでここに書いたの?」って聞かれて「紙がなかったんです。」と怒ったら電話を取るたびにメモ帳を手渡ししてくれるようになりました。サンキュー。

そんなことが多々あり、頭に来たんで一度職場内のメモ帳を全部取ってやったことがあるんです。一度どれだけ困るか体験してみろってことで。
電話が鳴り、そいつが取ったんですがやっぱりメモが無くて困ってるらしくあたふたしてました。それ見たことか。
最終的には手のひらにメモ取ってましたからね。
しかし、それでも直ることはなく今でもメモをどっかに持って行ってしまうので僕はメモがないときは電話を取るのをやめました。するとまあ同じ部署のそいつが取ることになるんですけど。知らん。

あとイライラするのがプリンター。
何個かプリンターがあるんですけど、用紙が無くなると取りあえず違うプリンターやコピー機から用紙を抜き印刷を終えた後に倉庫から用紙を持ってきて補充する、という事がよくあります。
普通、たぶん僕が正しければ余所のプリンターにそのあと紙を補充します。多分ですよ。
でもその子はですね、印刷が終わるとそのまま。その後、抜き取られた方のプリンターを使った人が「紙何もないじゃん」と倉庫まで用紙を取りに行き補充しなくてはならないのですよ。
たまに印刷を終えた後今度は紙の抜き取られた方のプリンターで印刷しようとして、当然紙はないですからさっき自分が抜き取りいれたプリンターから紙を持ってきて印刷してる時がありますのでお笑いです。それを3往復くらいしてる時もありますのでお笑いです。

片づけられない、というかきっと何か仕事や問題を解決、完了した後に原状回復というか後処理をするという癖がないんでしょう。
物事を終わらせるとほっと安心するのかその後の片づけというのが出来ないんですかね。

話を聞くところによるとほかの人からも「書類を使った後に戻さない」はもちろん「掃除機をかけた後掃除機を出しっぱなし」「USBメモリーがいつも戻ってこない」「デスクの上に地層ができる」などと多数の苦情が出てきました。

一度、昔に僕をマジギレさせたことがありまして、僕が使っていた資料、それもそれがなければ仕事が全く進まなくなるといったものをですね、「ちょっと貸してください、緊急で。」と言われ持って行ったきり待てど暮らせど帰ってこず、ふとその子に目をやると一仕事終えたような顔をしてコーヒーかなんか飲んでました。

僕はそれを持っていかれ仕事になりませんし一切仕事が進みません。かといって取り返しにその子いるデスクまでわざわざ席を立って行くのもなんか癪ですので、帰ってくるまで仕事を放棄しました。

かれこれ5時間ほどウィキペディアとGoogleMAPで、歴史ツアーをしていて、違う同僚がですね
「あの資料ちょっと借りていい?」というんですが僕は「仕事まだ終わってないよ。」と言ったらまず同僚がハテナな様子で
「なんでアヘン戦争の記事なんか読んでるの?」と僕のパソコンを見ながらいうので事情を説明するとその同僚が起こった様子で

「資料使い終わったの?戻さないとほかの人仕事進まないよ。」と言い
「ほらこれだけ貯まっちゃってる。今日はこれを全部終わらせてから帰りなさい」と僕の分の仕事もその子にやらせてました。

僕としてはそれを取られると今日の仕事が何もなくなるので仕方なしにもう3時間歴史ツアーをすることになってしまったんですが、
僕の5時間って他の人の15時間に匹敵するほど自他ともに認める驚異的な仕事の速さですので、おそらく相当残業しないといけません。
その同僚のかっこいいところは定時までは一人でやらせた後、終わってない分は一緒に残業し手伝ってました。これは効くだろうと。
僕は超絶暇なのでその同僚の分の仕事を今日明日分くらいまでサクッと終わらせ、それでも時間余ったのでその同僚の電話番号、LINEのID、住所、生年月日、家族構成、女性遍歴、性癖までを網羅した履歴書のようなものをエクセルで作り、全女性社員にメールで送っておきました。ぶん殴られました。

イケメンの同僚の立ちバック好きが全員にバレたところで、ようやくその片づけられない子も気を付けるようになった様子で
それ以降少しマシになりました。

やはり共有の物など決まったところに戻すというのは大切ですね。

しかし、まあ、今現在も書類戻ってきてないのでこうやって記事を書いているわけなんですけどね。
どうにかならんもんかね。