人生讃歌

死ぬまで生きること。

初めに言っちゃうと、僕は命を大切にしないヤツってのは大嫌いだ。
ちょっと前にも「死ぬの意味が軽率にみられている」みたいな事言ったけど、やはり命は大切にすべきだと思う。

とはいえ、僕も人間。
いかに命が大切だと言おうが、別にベジタリアンでもないし牛肉だって鶏肉だってシラスの踊り食いだって食べちゃう。
人間とその他の動物。命の重さに違いはないとは言えど現実問題、人間の命の方が尊いに決まってる。
こういうこと言うとエゴだなんだと言われそうだから、言い換えると「同族の命」の方が大事なのは仕方がないことだ。

今回のこの記事。
初めに断っておくと、親族に自殺で亡くなった方がいたり自分自身が自殺未遂を起こしていたり、また実際に自殺でもう死んでいる読者さんがいたならばここで読むのをやめてもらいたいと思います。はっきり言ってボロカス言います。万人に好かれる文章なんか僕は書けません。

近年、この日本では自殺者が増えています。
日本人の死亡理由の上位にはいつも自殺が入っています。
確かに不景気やその他いろいろの原因が折り重なって増えているんだろうけど、一番の理由は日本人の弱体化にあるんだと思います。
嬉しいことに僕は10代を始めとする結構若い女の子となんだかんだ連絡取ったりSNSでやりとりしたりすることも多いですけど、そりゃあもう多感が年齢ですからね。毎日悩みやら愚痴やらをぶつけてくれます。
そんなもんこっちは読んでて楽しくもなんともないので、かわりにエロ写メでもぶつけてくれりゃいいのにと心の底から思いますけれど、目に入ってくるその「悩み」を見てみるとしょーもないものが非常に多いんです。
例を挙げると「親の理解がない」みたいなことも多いですね。「門限が厳しい」「髪を染めるのを反対された。」「ただ何となくむかつく。」など。
本人にとっては深刻な悩みなんだろうけど、僕からしたら「んなもん知るか。」としか思えません。

「親孝行したいときには親はなし。」とはよく言ったもので、親の偉大さ、大切さを知る得る年齢になったら親はすでに他界している。ということわざです。まさにそれ。
いや、僕の両親のまだまだ健在なんですけど、学生の頃あんだけうっとうしかった親たちは今では懐かしいというかなんというか、すでに一家の主として生活している僕にとっては、別に同居してもいい気がする。しないけど。

それに昔々。とまで言わずほんの昭和の頃ですら「親父」っていうのはもう絶対的な存在で、もちろん言う事を聞くのは当然ですが敬語で話しかける、食事は別のもの、もちろん父親よりさきに食べてはいけないなどの時代もあったほどですからね。
それが今では携帯片手に「チョーむかつく。」ですからね。頑張れニッポンの親父!

親父の話は良いとして、ただそんな親に「ダメ」と言われたからってうだうだ悩むのが間違いってものです。
ましてや「死にたい」と言い出すほどの悩みではないと言う事です。

はっきり言ってしまうと「自殺者」というのは、酷いようですが不良品です。
いや、こういうと死者への冒涜みたいになってしまうので訂正しますが「本気で死ぬ気などないのに自殺ごっこするヤツ」ってのはとんだ欠陥品なのです。

家族関係の悩みや恋愛に失敗した、仕事がうまくいっていない。
そんな理由で自ら命を絶とうとする人がいます。
特に若い女性に多いちょっとした自殺を匂わせる感じ、僕は「プチ自殺」と呼んでますけど、あれって本当は死ぬつもりなんてないんです。

よく血を見ることで生きている実感を持てるとか言って手首切ったりしてるドアホが居ますけど、生きてる実感なんぞいくらでも持てる、そんなことしなくてもね。

ただ、自殺をほのめかしちやほやされたいだけなんです。あんなもん。

昔ですね、聞いた話なので誤解しないでもらいたいんですが、
どこかの誰かさんが友人が自殺未遂を起こしたって聞いて、その手の人が大嫌いな僕・・いや、誰かがブチ切れましてですね。聞いた話ですよ。
長い金属の棒みたいなものでその自殺未遂者をボコボコにしに行ったことがあったんです。「そんなに死にたきゃオレが殺してやるわ」と言いながら。

面白いものでその未遂者はどうしたと思います?
頭を守るんですよね。
腕を血だらけにしながら必死に頭を守るんですよ。致命傷を防ぐために。
でもこれっておかしくないですか?死にたいはずなのに、死なないように頭を守る。なんで?

つまりは「死にたくない」んです。
このままじゃ死んじゃうかもよって周りに思わせてチヤホヤされたいだけなんです。

そんな自殺志願者の常套句、
「何のために生きているか分からない。」
こんな言葉があります。

僕にとってその言葉の意味が分からない。
人間は何かのために生きてるのではなく、
「生きるために、何かをしている。」のだ。

生きるために仕事をし、生きるために食事をとり、生きるために恋愛をする。
人間の最終目標というのは「死ぬまで生きること。」なのだ。

他の動物を見てもすべて「生きるため」にさまざまなことをやっている。
生きるために狩りをし、生きるためには時に親や子を殺す事すらある。すべて生きるために生きているのだ。

人は無駄につけてしまった知性のせいで時に「生きること」を軽率に考えてしまう。
その結果、自ら命を絶とうとするという頭の悪い行動を起こしてしまうのだ。

何のために生きるのか。
そう思った時には思い出してほしい。

生きるために、何をするのか。

これが人生の真意なのだ。

僕はとりあえず今は生きるために仕事をする。
さっきも後輩に「近所にできたパン屋さん、レジの子がすっごい巨乳!メロンパン!」というメールを送ろうとしたら間違えて社員全員に送ってしまった。死にたい。

あたまが おかしい

短めの昔話でもします。最近疲れっぷりがハンパじゃないので。

結構昔の話。
ゲーセンにUFOキャッチャーってあるでしょ?
万が一にも知らない人がいたら困るので説明しておくと
100円もしくは200円くらい入れて、2本のアームのついたUFOみたいなのを動かし、
主にぬいぐるみやその他景品が入った箱の中で操作して、その景品を掴み取りだし口へ落とすという名目で
実際には景品を撫でて遊ぶやつ。

僕も友人Aとゲーセン行こうという話になって、UFOキャッチャー大好きな僕はその日も景品を撫でて遊んでいた。

しかしその友人はなんでか分からないけど、そのUFOキャッチャーの中にある景品をいっぱい抱きかかえてたんだ。
僕は「これは撫でて遊ぶものだ。中から盗むなんて悪いやつだ。」って言ったんだけど友人は「?」な顔してしらばっくれてる。本当に悪いやつだ。

僕「悪いやつだ。」
僕「バチが当たるぞ。」
僕「地獄へ落ちろ。」
僕「この包茎。」

などと僕の忠告をうるさく思ったのか、友人は「これやるよ。」と5キロの米袋くらいのプーさんをくれた。
なんだ口止めか。心の底から腐った奴だ。
僕はそう思いつつプーさんを抱きかかえていたんだけど、
入口付近で小さい女の子のぐずる声が聞こえた。

女の子「欲しかったのに―・・。」
母「ママ、下手なんだもん。ごめんね。」
女の子「うわーん。」

それを見た僕は女の子に

僕「プーさん好き?」
と聞いた。

女の子は「うん。」とちょっと怖がりながら答えた。

僕「おにーちゃん、プーさんよりタイガーの方が好きなの。だからプーさんあげる。」
女の子「え?いいの?」
僕「うん、プーさんもそっちの家に住みたいだって。」
女の子「あ!ありがと!ママーくれたよー!!」

女の子はお母さんに報告してました。

お母さんも「本当に良いんですか?」と聞いてきたが
僕「でかすぎて正直邪魔ですしwww」と言った。

僕が友人のもとへ戻ると友人が
友人「お前、プーさんは?」と聞いてきた。
僕は黙って女の子の方を指さすと、お母さんと女の子が手を振っていた。

友人「なーるほど。」

そういうと友人は女の子の方へ行き
友人「もう一個あげるよ。プーさんも友達が欲しいでしょ?好きなやつ選んで。」
と言って気持ち悪い青いなんかをあげてた。

そんなこんなしてたらお母さんが「良ければ飲んで下さい。」とコーヒーを買ってくれた。

僕らは貰ったコーヒーを飲みながら喫煙スペースで一服しながら

僕「なんか良いことしたな。」
友人「お前が取ったんじゃないのにな。」
僕「まあまあ。もう一個プーさん取ってくれよ。オレの分が無くなっちゃった。」
友人「やだよ。」
僕「良いじゃん、ケチ。」
友人「じゃこれやるよ。」

なんか奥歯みたいな形の透明なプラスチックを出してきた。

僕「なにこれ?」
友人「UFOキャッチャーの景品の下に引いてあるヤツ。」
僕「ゴミじゃん。」
友人「キラキラして綺麗じゃん。」

そんなこんな話をしつつ、再びUFOキャッチャーで景品を撫でて遊んでいる僕のところに

「あれ取って。」

という声が聞こえた。

そこには倖田來未を2、3度ブン殴って土に一回埋めてから掘り出したような女が立っていた。

僕「なんで?」
僕は頭の中にあった疑問を素直に口に出してあげた。

その女に聞くところ、喫煙スペースでの話を聞いていたらしい。
だから「あれ取って。」と。

僕は「取ったのオレじゃないし。」
と答えた。

すると女は「あっちか!」と言ってどっかに行ってしまった。

嫌な予感がしつつ、僕は友人を探すと
友人の横には倖田來未を2、3度ブン殴って20年くらいインドに住まわせたような女が立っていた。
要はさっきの女だ。

友人も「あんた誰よ。」と言っていた。

女はそれでもめげずに
女「得意なんですよね。あれ取って。」
友人「なんで?」
女「だってさっき子供にあげたっていってたじゃない。」
友人「そうだけどなんで?」
女「あ、ウチも子供いるんだよ。ほら写メ見る?」
友人「そっか。なんで?」
僕「ケチケチすんなよ。」
友人「お前黙ってろよ。」
女「そうだよ~!」
僕「母はコジキだけど子供が喜ぶと思えば。一個渡して追い払えよ。」
女「そうそう!」
友人「ま、正直これいらねえし。これならやるよ。だからあっち行け。」

優しい友人は小さめのなんかをあげました。

女「あ、私欲しいのワンピースのフィギュアなんです。」

友人「わざわざ取れってのか。だいたいあんなフィギュア子供が欲しがるか?テメーが欲しいだけだろ。なんで見ず知らずのテメーに取ってやんなきゃならねぇんだ。非常識にも程があるだろ。恥ずかしくないのか良い歳して。乞食なんかして。」

女は何も言わずに固まってた。

僕「おい、アホなんだからもっと簡潔に言ってやんなきゃ分かんないよ。」
友人「ブッ殺すぞ。」

女はさーっとどっか消えていった。

僕「バカって本当にいるんだな。」
友人「ああ。」

僕らは虫の居所も悪いので、ゾンビを倒すゲームをやることにした。

そんな後ろにさっきの女が店員さんに
女「あれが何回もやってもとれないんですー。」
とか言っていた。

すると友人が

友人「おい、このゾンビ!さっきタカって来た女に似てるぜ!」
僕「マジかよ!早くブッ殺せ!きっとクラミジアだぜ!」
友人「バイオハザード!」

とでかい声で盛り上がっていた。店員さんに「ちょっと・・学生とか小さい子もいるんで・・。気持ちは分かりますが・・。」と怒られた。ごめん。

なんだか居づらくなってしまったので帰ろうとすると、まだあの女がいた。

友人は反省したのか

友人「言い過ぎた。ごめん。これ、お詫びの品。」と言って
なんか奥歯みたいな形の透明なプラスチックを出していた。

友人はそれを押しつけ逃げるように僕らはゲーセンを出ました。

僕らは5キロの米袋のプーさんの様な女の子の笑顔で頭がいっぱいで奥歯みたいな形の透明なプラスチックみたいなゴミ女の事はすぐに忘れる事が出来ました。

帰り道、友人はポケットに入ったままだったもう一個の奥歯みたいな形の透明なプラスチックを海へブン投げ

友人「女の子、喜んでるかな。」
とニヤけてた。

僕「そうだな。」
僕らの頭の中には女の子がUFOキャッチャーのようにプーさんを撫でている様子が浮かんできました。

死にたい

ここ最近、疲れ具合が半端じゃなくてですね。
毎日24時間、深夜3時くらいのテンションというか気だるさが抜けないんです。

それに追い打ちをかけるよう、風邪引いてしまいまして咳は出るわ鼻水はでるわなんか妙にムラムラするわで大変なんです。

こうも疲れてますと「もう死にたい」と弱音でも吐きたい気持ちになりますが、僕はそんな事言いません。モンハンクリアしてないし。

さてさて、冗談はさておき。
最近の若い者はどうも弱音を吐きすぎると僕は思うのです。
「死にたい」
「鬱だ」
「人生やめたい」
など暗い暗い小言を一生懸命ツイッターで吐きながら生きています。

何故それをSNSで公開する必要があるのか僕には分かりませんが、きっと周りの反応が欲しいだけなんでしょうかね。

そもそも本当に「死にたい」とか思ってる人ってそんなSNSなんてやってる余裕あるんでしょうか。
いや、これがもう依存に近いレベルの人ならわからないですよ。きっと僕も「死にたい」と思い明日死のうと決めてもきっとモンハンやってると思いますし。

僕も以前、まだmixiとかが全盛期だったころにですね。なんか最近見ないなーと思ってた人がいまして。
ちょっと心配になってきたので実際に会いに行ったらリアルな感じで「ヤバい」雰囲気が出てて、
これ大丈夫かなとか心配している次の日に自殺しててびっくりしたものです。
いや、こうやってふざけてかけるのも実は未遂で済んだからなんですけども、
何を思ったのか未遂を起こしたって聞いて病院行った際ですね、なぜか怒りのあまりに謝ってきた彼のタマキンを蹴り上げて「痛いだろ、生きるってのはこう言う事だ。」と言って泣かせたくらいです。今考えても全く意味が分からない。

そんな彼も今では元気に北海道で牛育てていますけど、やはり一度命を捨てる覚悟をしたからなのか、それとも命の大切さを思い出したからなのか、一生懸命、牛、育ててます。

そんな話は良いとして、やはり最近の若者ってのは「命」の重さをわかっていない。
というか「死にたい」という言葉の強さを理解していないような気がしてならないのです。

例えば95歳を過ぎたくらいのおばあちゃんが行きなり「死にたい」と言い出したらこれはなんか偉いことじゃないですか。
逆に15歳くらいのコムスメが「死にたい」って言ってもまーた言ってらぐらいの気持ちにしかなりません。

なんて言うか最近では「死にたい」が「疲れた」ぐらいの意味合いしか持ってないような気がするんです。

しかし、そんな現代で僕はある男の心の底から「死にたい」という言葉を聞いてしまったのです。
そんなお話。

「面白いもの見せてやるからウチ来いよ。」

僕はとある男からそんなメールを受信しました。
僕には用事もあったし、夜中だったし心底めんどくさかったので断ったのですが
そしたら今度電話が来まして
「頼む、来てくれよ。」
となんか今にも死にそうな声で言うんですよ。
なんかあったのか?
僕のそういう問いかけにも
「いいから」
としか答えず、なんか一大事かなと思って渋々行くことにしたんです。

彼は小さなアパートに住んでまして、彼女と半同棲してました。
見た感じもとても仲が良く幸せそうでした。
なので僕は彼女と別れでもしたかぐらいにしか思ってませんでした。

彼の家の近くへ着くと、彼の家はちょっと奥まったところにありイマイチ道もわからないので迎えに来てもらうことになりました。

待ち合わせ場所についた僕は彼に会いました。
最初、彼を見た僕の感想は
「これはヤバい」
といった感じでした。

縄を渡せばそのままテルテル坊主に転職しそうな勢いです。

「・・・ああ。来たね・・。」
ぼそっと呟くととぼとぼと自宅の方へ歩いていきます。

道中僕は
「何があった?」
と聞きましたが
「行けばわかる。」
と言うだけ。

「何?別れたの?」
「ならマシ。」

どうやら別れたわけでもなさそう。

「誰か死んだ?」
「ならマシ。」

「浮気がバレた」
「ならマシ。」

「彼女を殺して山に捨てた」
「ならマシ。」

どういうことだ?

何を聞いても「見たらわかる」としか答えずに彼は自宅へ向かいます。

「はい。」

彼の家につき、玄関を開け僕を招き入れます。

そこで僕が見たのは、散らかった室内。
あらゆるものが散乱しています。押入れやクローゼットを荒らされ、何かを物色したかのよう。

「空き巣か?!」
僕がそう叫ぶと

「ならマシ。」
と答えます。

そこで僕は気づきました。
散らばっている物の中に一段とDVDらしきものが多いことに。
僕は一枚のそれを手に取り見てみると、何か鋭利な物で突き刺されたような跡がありました。
さらにそれをひっくり返し表を見てみると
「狙われた素人レースクイーン」
のタイトル。

「これって・・?」

ようはアダルトDVDでした。

実は彼、無類のアダルトビデオ好きでものすごい大量のDVDをコレクションしていたようです。
そのうちの一枚をついうっかりプレーヤーの中に入れっぱなしにしてしまったために彼女が発見した模様。
そしてすべてを破壊されてしまったのだ。

「はは・・・。」
力なく笑う彼に
「見るくらいいいじゃんかな。心の狭い女だな。」
とフォローした僕に彼は
「い、いや・・。」
と言葉を詰まらせます。

なんだ?ほかにも何かあるのかと聞くと

「いや、見るだけならいいんだよ。」
と答えました。

少し前の事でしょうか。
穴があったら入れたい、エロガッパだった彼はですね。DVD見て自家発電の毎日だったそう。
当時も彼女は居たんですけどね、「眠いからヤダ。」とコトを断られてしまって以来、ショックと恐怖を覚え誘えなくなってしまったと。
だから彼女から誘ってくるのを待っていたんだけど、どうにも誘ってくれない、と。
堪忍袋もナントカ袋も破裂寸前な彼は毎日、彼女の目を盗んでは自己処理を繰り返していたそうな。

とある日。
偶然、彼のコレクションを見つけてしまった彼女は彼を問いただします。
しかし彼女は怒ってるわけでもなく、彼にかけた最初の一言は「ごめんね。」
つまり、あまり相手してあげなかったことを詫びました。

その結果、寂しい思いさせてごめんね、いいんだよ恥ずかしいものみられちゃったね、きにしないで、はっはっは。と何とも微笑ましい光景に変わったそうですが、彼女の一言でそれは凍りつきました。

「お詫びに、これとおんなじことしてあげる。見せて!」
彼女のなんとも羨ましい提案ですが、パカッとDVDを開けるとでるわでるわ風俗の会員カードやら名刺やら。

なんと彼は見るだけでは飽き足らず風俗へ向かい、何を思ったのかその会員カードを秘蔵のDVDの中に隠していたわけです。

ポイントも貯まり切っていて2回分くらいならタダで行ける程の会員カードに彼女はブチ切れ。
行為どころか口さえも聞いてもらえない状況が続いたそうです。

そして今回。

少しの間、そんな冷戦が続いたそうなんですが。
DVDたちを悲しみのあまりに封印した彼。それでも溜まるもんは溜まるらしく、飲んだある日ふらっと風俗に行ってしまったそう。

そしてコートのポケットに入れっぱなしにしてしまった会員カードをまたも見つけられてしまい、
DVDはもちろん、パソコンやその他を洗いざらい捜索されていまい、またも名刺や会員カード、パソコンの中のお気に入りフォルダ ニュース→microsoftオススメ→新しいフォルダ→無数の風俗サイト まで発見されてしまったそうだ。

そしてそれらをすべて破壊。
携帯には「信じてたのに」の一言。

「そういうことね。」

僕は正直、思いっきり笑いたい感じでしたが、彼を見ると彼は
「俺はな、彼女は好きなんだよ。」

「わかるか?好きな女が年中家にいるのに、手を出せないつらさが。」
「わかるか?好きな女の代わりに高い金払って、その辺のわけのわかんない女で代用するつらさが。」
「わかるか?このミジメさが。わかるか?この悲しみが。」

と言いながら下を向き始めたので僕は彼を抱きしめ
「ああ、わかる。わかるよ。辛かったんだよな。」
と言いました。
すると彼はボソっと
「死にたい。」
とつぶやきました。
久しぶりの本気の「死にたい」だった。

僕は彼を少し休ませることにして、寝かせた後。部屋の掃除をしてゴミを出そうと外に出ると彼女とばったり会いました。
まあ、ばったりというか様子を見に来たんだと思いますけどね。
そこで僕はまだほとんどあったこともない彼女に対し
「男は満たされない欲求があると時にどうにも我慢できなくなる。」
「それを自己処理できればいいが、一緒に暮らしてるとなるとそれもできない。だからそういう店に頼ってしまう。」
「心ではまだあなたを愛してます。」
「彼にはちゃんと謝らせる。だから許してやってくれないか。」
「あなたに相手にされない寂しさゆえの失敗だ。」

と一生懸命説明しました。
すると彼女も一筋の涙を流し
「やりすぎた・・・かも。謝りたい。」
と言いましたので一緒に彼の元へ行きました。

その結果、何とか仲直りができました。

「もう風俗はよせ。分かったな。」
「はい。」
「風俗行かせたくなかったら、ちゃんと相手してやりなさい。」
「はい。」
「あと嫌がってんならDVDとかもほどほどにしろよ。逆の立場ならいい気はしないだろ。」
「はい。」
「それから、彼女も。見るくらいは勘弁してやれ。それが嫌なら毎日疲れるまで相手しなさい。」
「はい。」
「あと、お前も我慢して暴走するくらいならたまには彼女を誘え。雰囲気作ってみたりとか。」
「はい。」
「彼女も誘いなさいよ。男が拒否するときなんてまずないから。もしあるとしたら”もげた”ときくらいだからな。」
「はい。」

「じゃあ、もう終わり!オレは帰るからこの後は好きにしなさい!」

と言って彼の家を出ていきました。

その後どうなったかは知りませんが、未だに仲良くしてるところを見ると大丈夫みたいです。

「さーて。この後どうしようかなー。」
「・・・そうだ。」

僕は彼の家をあとにしました。

よく「浮気が心配」とかなんとかいう女性も多く携帯のチェックなどガチガチにしてる人もいると思います。しかし男には金さえ出せばどうにもできてしまう風俗もあるのでそういうとこに行かないよう、縛るだけでなくきちんと「愛情」も与えないといけないと思います。
でないと今度はあなたが「死にたい」とつぶやく日も来るかもしれませんよ。