Rocker and Locker

駅前などによく置かれているコインロッカー。
数百円入れれば荷物を預けることができる便利なものです。

コンサートやライブに行くのが趣味の人もいると思います。僕もそうです。
こういったコンサート会場やライブハウスには必ずと言っていいほどこのコインロッカーが設置されています。

これは、ギュウギュウ詰めになることも多いですから大きなカバンなどを持っていられると邪魔になるし、
また貴重品や財布など、落としてしまうと回収するのはほぼ不可能です。スリなどの犯罪も考えられます。

こういったわけでコインロッカーを利用する人も多いのですが、ある日僕も例によってそのコインロッカーを使ったんです。

あのコインロッカーって最近では鍵の代わりにSuicaなどを使うところも増えていますけどだいたいが普通の鍵で施錠するんですね。
そんでもって、使える場所、つまりは空いているロッカーには鍵が付いたままになっているというわけ。

もちろん、その日僕は鍵のついている空いているロッカーを使おうと開けたんです。
ライブハウスのコインロッカーってどうしても利用者が多いことや数が少ないこともあってなかなか空いているところがなかったりするんです。
その日もほぼ全部使われている状態でした。しかし、一つだけまだ鍵のついたままのロッカーがあり、僕は「ラッキー!」とそのロッカーの扉を開けました。

するとどうでしょう。
なんと中には荷物が入っているじゃないですか。

大量の大人のおもちゃが。

ドピンクのウィンウィン動くアレからホットな下着。医療器具じゃないの?って感じの金属の謎の器具が出てきました。

加えて意味が分からないのが、全部袋などに入っていなくゴロンとロッカーの中に無造作に置かれているわけです。
それに100歩譲ってカバンが一緒に入っているなら、ライブの後にどっかで使うのかなどとも考えられますが、そういうわけでもないので本当に意味が分からない。
そして、なぜ鍵をかけていないのか。

いや、鍵をかけていないことは割とよくあることでして、単純にかけ忘れてしまっただけかもしれないですが、
それにしても中身が中身なだけとことん気になります。

もうどうしたらいいのよと頭を抱えていましたが、そろそろライブも始まってしまうし困ってしまったので、
とりあえずそのバイブだらけのロッカーに自分の荷物を入れ、鍵を閉めました。

そして、ライブが始まり終わってしばらくした後にロッカーに自分の荷物を取りに行くと
コインロッカーのあたりでごそごそしてる人がいたんですよね。

まあ、ライブの後だし鍵でもなくしたら帰る身支度でもしてるのかと思って特に気にしなかったんですけど
僕が鍵をだしロッカーを開けると「あっ。」と後ろから声がしたんですよ。

この日僕が行ったライブってのは海外のロックバンドのライブで、客層は16~25歳くらいの人が多かったんです。
また、僕が好きなジャンルの一つのデスメタルやブラックメタルでは、1人や2人殺してるんじゃないの?っていうお兄ちゃんや妙に露出の激しいババア。あと左手首を隠すように(ご察し)リストバンドをしている少女が客として多いイメージですが、
今回のは割のスタンダードな感じでして、またシックなバラードも多いものですから割りとふつうな感じの人が客として来ていたんです。

ちょっと想像してみてください。
とあるファミレスでアルバイトをしているフリーターがいます。
何の目的も夢もなくただバイトして暇をつぶしている状態。
しかし、ある日新しく入ったバイトの子を見て人生が変わります。

新しく来たその子は女子大生。茨城から東京の大学に来て生活費や学費などを稼ぐためにこのファミレスにバイトしに来ました。
そのバイト先でもその可愛らしさあってかとても人気です。同性からも異性からも好かれるようなそんな彼女。
みんな、彼女の事が大好きでした。

フリーターの彼も例外ではありません。それも「異性として」彼女のことが好きになりました。

ある日、彼は決心します。
食事に誘おうと。

仕事が終わり控室で待っていた彼。彼女ももう少しで仕事をあがりここに来るはずです。

「お疲れ様ですー。」

来た。
彼は勇気を出して声をかけます。

「お、お疲れ様・・・。」

そういうと黙ってしまいました。

彼女は椅子に座り、紅茶を飲んでいます。
続く沈黙。

チクショウ。なぜ俺は声をかけられないんだ。
彼は自分自身にいらだちます。

ダメだ。こんな情けない俺に彼女が振り向くはずもない。
帰ろう。俺には一人がお似合いさ。しがないフリーターだ。

そう思って荷物を手に取ると

「あ、あの・・・!」

彼は驚き振り向きます。

「あの・・次のお休み、暇ですか・・・?」
彼女がそういったのだ。
パニックになる彼。どういうことだ。
彼女が俺を誘う・・・?

「ももももももちろん!」
慌てながらそういうと、彼女は

「前に・・○○ってバンド好きって言ってましたよね・・?チケットがあるんですけど友達がいけなくなっちゃって・・。よければ一緒に行きませんか・・・?」

「え?いいの?」
「あの!迷惑じゃなければで良いんですけど・・・!」
「い、いきたいです!」
「ホントですか!ありがとうございます!」

彼女は顔を赤らめてこっちをじっと見ていた。

こんな感じの女の子が、僕の方をみてたんです。

そこで僕はふと思い出しました。
僕は鍵のついたままのロッカーを使っていた事。
そのロッカーの中には荷物が入ったままだったこと。
その荷物は大量のアダルトグッズだったこと。

まさか、この子の荷物だったのか。

あんなにエグイのがこの可愛らしい子に出たり入ったりすんのかよ。と僕は世の中の不条理を嘆いたものです。

「あ、あの鍵かけ忘れてしまって・・・。そこだと思うんですけど・・・・。」
彼女は顔を赤らめてこっちをじっと見ていた。

「こんなものより、もっと良いもの使ってみない・・?」
そうやって脅して喰っちまおうかとかも考えましたが、さすがにそれは人間としてどうかとおもうので、
にやにやしても突っ込んでも気持ちが悪いし、ここはさわやかに振る舞おう。
僕がそう思い、

「鍵が開いてたから使っちゃった!」
と、それだけ言い彼女に鍵をポイっと投げて渡し、去って言ったんです。

「キャー!」
例の彼女でした。
その叫びを訊いたスタッフがすっ飛んできて僕に
「荷物!忘れてますよ!!」
と叫んだ。

彼女は顔を抑え、僕を指さしてます。
それは恥ずかしさでもなく照れでもなく、「嫌悪」の顔でした。

どうやら、彼女のロッカーが僕の一つ左だったようです。鍵をかけ忘れていたそのロッカーはスタッフが中身を回収して保管してあって、その後に違う人が使っていたようです。

「違う。オレのじゃない。」
僕は一生懸命スタッフに説明しました。
鍵のついてるロッカーを使おうとしたら中に入っていた事。
時間がなかったのでそのままそこを利用したこと。
彼女が鍵かけ忘れていたと言っていたこと。
彼女は私の荷物はそこだと僕のロッカーを指した事。

色々説明しました。その結果、スタッフの彼女も納得してくれました。
後から店長から聞いた話では、前日にここでライブした「アナルブレイカーズ」というバンドの忘れものではないかということでした。

迷惑をかけたということで店長が僕と彼女にライブハウス内にあるバーで一杯奢ってくれるという事になりまして、
お互いに「勘弁してよ、もう」状態でした。

同じライブを見に来た手前、趣味も合うし店長の饒舌さもあってちょっと仲良くなって来ました。
彼女が「アレ、どうやって使うんですか?」というと、店長は
「そんなもん突っ込んで入れたり出したりするんだよ。」
「違いますよ!ライブでの話ですよ!」
「がっはっは!」

そんな感じですっかり閉店までいてしまい、店長も「もう終わりだからねー」と言いだしましたのでライブハウスを出ました。

ライブハウスを出ると彼女は「あっ」と小さくつぶやきます。
「どうしたの?」と僕が聞くと

「終電・・無くなっちゃった・・・。」

こんなことなら1,2本持ってくればよかった。
僕はアナルブレイカーズに感謝しつつライブハウスを後にしました。

美しい人生を

女をめぐる男の争い程、不毛なものはないのである。

それはそれは遠い昔、たしかまだプテラノドンとかいるくらいの時代ですかね。
僕は男3女5で小旅行という聞いてるだけでウキウキしてくるようなイベントがありまして。

でも、僕があまり乗り気でない理由は
その女どもがブサイクブサイクブサイクブサイク、アンドブサイクというもしポーカーだったら物理的にもあり得ないほどの強カードが集まってしまっているからです。

しかし相手がそんなロイヤルストレートブサイクにも関わらず、まあその頃は20歳そこそこくらいという暇があったら一発ヤリたいくらいの年齢ですから。
男どもは張り切ってたんですよ。
僕は世の中からブスと戦争をなくそうといつも声高々に叫んでいる活動家ですからね。なんか車で行くらしいし、ちゃっかり乗り込んで目的地でマシなのでもひっかけようと思ってたんです。

でもまあ、それにしても男ども、といっても僕を除く2人ですけど妙に盛り上がっていて
やれ、俺はあいつをねらうとか、やれ俺はあいつをねらうとか言ってましてね。よくもまああのブサイクでこれだけ盛り上がれるもんだねと感心したものです。

さらに無性に腹が立つのは「○○ちゃんには手だせないからね!私が守るんだからね!」とか地蔵みたいなブサイクを抱きかかえながら地蔵を前世で蹴っぱぐった祟りじゃないかと思わせるほどのブサイクが言ってますからね。

そんな呪われしブサイク達相手に男二人は旅行プランを組み立ててまして、やれどこに行こうだのここに泊まろうなど大盛り上がり。

「ホテルの部屋割りどうする?」
男がそう言います。
「えー、なにー私と同じ部屋が良いのー??」
女が言います。
「なになに、そうがいいんだろ」
男が言います。
「どうせみんな同じ部屋に集まりそー」
女が言います。
「盛岡か、ちょっと足を伸ばして仙台でも有りだな。」
僕が言います。
「何かいいとこでもあるの?連れてってよ!」
女が言います。
「こいつ早く死なねぇかな。」
僕は思います。

女性を口説くとき。
それはたまに狩りに例えられることがある。
「ガールズハンティング」そう呼ばれることもあるほどだ。
男は狙いを定め、女を撃ち落とす。
狩猟のそれと似通った部分があるのだろう。

旅行の前夜ですね。
男の方から「狩りの前夜祭だ。」ということで誘いが有りまして。
僕が「発砲許可がでたのか!」と大喜びで行ったんですけどどうやら違うようで。

結局、男3人で一部屋。女5人で二部屋取ったらしいんだけどどうやら二人の話題は

「一番かわいい子の部屋には誰が行くか。」

というものでした。

僕の頭のなかでは5つの男爵いもが並んでおり、その「一番かわいい子」はどのイモか悩んだものです。あんなに悩んだのは高校受験の世界史以来だと思います。

「ジュンはどうするんだ。」
そう聞かれ僕は
「オレはメークイン派だからお前らに譲る」と答えると、
「意味は分からないが、お前いい奴だな。イケメンの余裕だな。」と絶賛の嵐でした。オスカーでも貰えそうなくらい。

そうとなると男二人は議論を白熱させてました。
譲ってくれるなら他のヤツは譲ってやるとか、この際二人で行く?とか、お前の後はなんか嫌だとかそれはそれは自分勝手な議論でした。

そんな話の中「そしたらジュンは4対1じゃん!すげーな出来んの?」と言い出しやがりまして
「ああん?」と思わず本気の苛立ちが出てしまい「あ、ごめん。そういうのじゃないよな。」と何故かマジで謝られたりもしましたが、
結局「自分自身の力で勝ち取った方が勝ち。」という結果に至りました。

そして結局朝まで飲み明かすことにしたわけですが、運転手の予定である僕ともう一人の男はそこそこにして
残りの一人は完全に酔いつぶれていました。

眠っている男の傍らでもう一人の男が

「馬鹿め、敵を前にして油断しやがって。」

とくっくっくと笑っています。

何の話だろう。

僕がそう問いかける暇さえ無く男は風呂場へ行き

「つるつるにしてやるぜ。」

とカミソリとシェービングジェルを持ってきました。

彼が言うには”シモの毛”をつるつるにしてやれば脱ぐことはできない。
この戦いは俺の勝ちだ。

ということだ。

なんだか面白そうなことになってきたので、僕は全面的に彼に協力することにして
事の結末を見届けることに決めました。

すっかり寝ている彼。随分さっぱりした彼のムスコ。僕たちは声を押し殺して腹を抱えて笑ったものです。

なんか深夜の妙なテンションもあり、ついでに彼の足、腕、脇、眉毛とあらゆるところを剃毛してあげたところで僕らは大満足で少し眠ることにしました。髪の毛は残してあげる私達の優しさ。

旅行の当日。
笑い声に包まれる車内。

ウケたのが嬉しかったのかツルツルの彼も予想外に上機嫌でした。

「こいつら、マジで全身やりやがったからなー。」

「マジウケるー!!」

大盛り上がりです。

「マジで酷いよね!下のアレもやられたんだぜ・・。」
「マジでー!」
「まったくどうしてくれるんだってのなー!」

なんだか妙に盛り上がってる車内。
一人の女がそのツルツルの彼に

「・・・私もだよ。」

と耳打ちしているのを聞いてしまった僕は車酔いもしていないのにムカつきを覚えました。

それを聞いた男が「ええー!」と大声をあげそわそわしています。
なになにーと盛り上がるその他大勢。ネコの轢死体でも見たような僕。

さっさと目的地につくことを願って僕はイライラ待っていたのでした。

その夜。
こんな男たちの不毛な争いの結果を待たずして、僕は盛岡の街に一人消えていったのでした。

のぞみ

つい先日、僕は名古屋に行ってきた。

その目的は良いとして、神奈川に住んでいる僕は新幹線で名古屋に向かった。
地元から電車で新横浜駅まで行き、そこで新幹線に乗り換える。

久々の遠出、しかも新幹線というこの旅に一人ながらもテンションはMAX。
壁に書かれた「名古屋」という案内もいちいち写真を撮り、地元の駅なのにお土産屋を見たりしてはしゃいでいた。

そして、新幹線に乗り実際新横浜‐名古屋間ってだいたい120分くらいなんだが、どうしても新幹線内でお弁当を食べたくて、売店でシウマイ弁当とじゃがりこ(サラダ)あとわさび鉄火というわさびが強烈なおかきを買い、無理やり10時30分にシウマイ弁当を食べたりしたものだ。

さて、新幹線に乗った事がある人ならわかると思うが、利用者にはさまざまな人がいる。
僕みたいにアホみたいにお菓子を食べてる人。電話をするスペースと座席を行ったり来たりしているスーツのオッサン。常にパンツが見えていた箱根で一人で降りたブス。喪服姿のおばあちゃんや外国人の親子など様々だ。

そんなさまざまな人の人生が垣間見えるような車内で僕は急に新幹線の空気に飽きてDSを取り出しモンハンをやり始めたんだけど、始めてから数十分経った頃、僕の肩をトントンと誰かが叩いた。

「Pokemon?」

そこにいたのは先ほどの外国人親子の息子だった。外国人の子供って歳がわかりづらいこともあり、正確にはよく分からないがおそらく6~8歳程度だろう。

もちろん、僕は英語が話せるので
「I’m playing MONSTER HUNTER . Do you wanna try this?」
と答えました。

すると、英語が話せるのでびっくりしたのか、オゥと小さくつぶやいた後に満面の笑みで「イエス」と答えました。

指定席でしたが隣は空いてましたし、名古屋までノンストップだからまあいいかと思い、隣にその男の子を座らせてDSを貸しました。
僕はモンハンに関してはもう上級の上級みたいなモンですから、最強の武器に最強の防具を身に着け一番弱いモンスターと戦わせれば、なかなかゲームオーバーになりませんのでこの子でも十分楽しむことができます。

その男の子は非常にエキサイティングしてまして、「Yeah!」「GoGoGoGo!」「Jesus Christ!」など、本場のリアクションをしながら僕のDSで一生懸命に変な猿と戦ってました。

そういえば、僕はじゃがりこを持っていたので男の子に
「アレルギーとかない?」と聞くと
「ないよ。まさかそのお菓子を分けてくれるの!?」
「ああ、あげよう。」
「なんてすばらしい人なんだ!ありがとうお兄さん!」
みたいなやっぱり外国人らしいオーバーなリアクションで喜んでました。

少年はじゃがりこをポリポリしながらモンハンしていたんですが、その横で僕はわさび鉄火を食べてました。
すると少年は「それはなに?」と聞いてきたのです。
実はこのわさび鉄火、日本人でさえ悶え神に祈るほどの超☆刺激で、辛いとかそういうレベルじゃなくもはや「痛い」ぐらいの激辛なのですが、ツーンという刺激に顔をゆがめる僕を見て少年は興味を持ったようです。

「ジャパニーズワサビクッキーだよ。すごく辛いよ。」
「オゥ、ワサビね!知ってるよ!僕は辛いのなんてヘッチャラさ!一つくれない?」
「いいけど本当に辛いから、まずちょっと舐めるだけにした方がいいよ。」
「そんなに辛いの?まあ、僕はへっちゃらだけオーマイガー!!!」

涙目になりながら男の子は持っていたオレンジジュースを飲み、ひーひー言ってました。

「はっはっは!大丈夫かい?」
「これは悪魔のクッキーだ!」

男の子はケラケラ笑いながらそう言ってました。

そうこうしてるうちにその少年の父親らしき人が気が付いたのかこっちへ来て「何してるんだ、ジャパニーズのお兄ちゃんに迷惑掛けやがって」みたいな事を少年に言ってました。
僕は「大丈夫ですよ、迷惑じゃないですよ」と英語で伝えると「オゥ、英語話せるの?これ、何をしてるんだい?」と僕に話しかけました。
これはモンハンっていうゲームだよ。僕が貸してあげてるんだよ、というと親父も親父で画面を食い入るように見ていました。アメリカ人っておっさんでもゲーム大好きだったりするんですよね。

男の子の横で「今だ!Shoot it!」「避けろ!」「よし、Great!」などと言っていて男の子も「パパうるさいよ!」などと言ってたんです。

そんなこんなしてるうちに親父はDSをぶんどり自分がやっていると、不満そうな男の子は僕の耳元で「そうだワサビクッキーパパに食べさせちゃおうよ」とこそこそ話しました。
僕はまた一つわさび鉄火を男の子にあげると男の子は
「ダディー、ワサビクッキーだよ。食べてみて。」と父親に言いました。

「ワサビクッキーか!もらっていいのかい?」
「ほら、早く食べてみなよ!」
「俺はワサビは好きさ!いつもスシでもたくさんワサビを入れて食べオーマイガー!!!」

パクっと食べた親父は顔を真っ赤にして悶えています。
男の子は満足そうにそれを見ながらヘラヘラ笑ってます。

「ジーザス!」

親父は涙目になりながら男の子に「お前はいたずらばっかしやがってこのー!」と言いながら笑ってました。

そうこうしてるうちに、今度はお母さんが来て
「あんたたち、何をやってるの。席に戻りなさい。」
と怒られてました。どこの国でも母は強し。

二人は「はーい、ママ。」と渋々席を立ち僕にお礼を言いました。
すると今度は親父が「さっきのワサビクッキー、もう一つ分けてくれないか。ワイフに食べさしてやろうかと思ってね。」
と耳元でニヤニヤしながら言いました。この親父にしてあの息子ありといったところです。

「これで良ければ一袋あげるよ。」と僕が言うと、親父はカバンからスニッカーズを2,3個取り出し僕にさしだすと
「Thank You!」と言いました。

「しっしっし・・!!」
そういいながら親父と息子はわざとらしい口笛を吹きながら自分の席に戻っていきました。

そんなこんなで名古屋につき、新幹線を降りようとすると

「オーマイガー!!!!」

と車内の前の方で聞こえました。

駅のホームから窓越しに車内を見ると、そこにはなんか怒られてるさっきの親父とその奥さんがいました。
僕を見つけた男の子は、親指を立て笑顔で僕にウインクしていました。

怒られる親父とGood!状態の少年を乗せた新幹線は名古屋から再び走り去っていきました。