泣くのは嫌だ笑っちゃおう、進め

ネガティブは嫌い

人間、落ち込むこともある。
誰かにこぼしたいときもある。

だけど、それって意味あるのだろうか。

僕の人生で初めて出来た友人は15の時に死んだ。
僕の人生で一番尊敬している人も3年前に死んだ。

落胆する僕を慰める友人はお前は死神のようだとおどけて見せた。

ふざけただけの友人の言葉が、事実のように感じた。

「お前、ほんと笑わないな。あたしのことそんなに嫌いか?」

もしゃもしゃとハンバーガーを齧りながらそう言ったのは、ことね。
昔よくつるんでた音楽仲間の一人だ。

ジュン「いや、そんなことはないですけど。」

僕は暗かった。
人が嫌いというか、仲良くなるまでにずいぶんと時間がかかるタイプだった。
なんというか、人に自分の事を知られるのが嫌いで、なかなか打ち解けられない。
本当に仲の良い友達はごく一部でそれ以外は正に「敵」に見えたのだ。

ことね「はぁー、暗い。暗いよ。どうせグズグズしてるだろうってからこうやって遊びに誘ってやってるのにさ。」
ジュン「グズグズなんてしてないですよ。」
ことね「してんじゃねーか。あとまずその敬語止めろ。よそよそしくて鬱陶しい」
ジュン「いや、もうクセなんで。別にそんな深い意味ないです。」
ことね「まったく。どうしたものかね。」

年上のことねは僕の事をだいぶ気に入っていた。
ことあるごとに「あいつも誘ってやろう」と誘ってきた。

この日も「退屈だからちょっと買い物付き合え」と呼ばれ着いてきた。

ジュン「だいたい、嫌だったら断りますよ。」
ことね「そういうことを言ってんじゃないの。」

本当に別に僕はことねが苦手だったり、嫌っているなんてことはない。
ただいつものこと「どう接していいか分からない」だけだ。

ことね「よし。あたしはもういいや。お前なんか見たいとこないの?」

一通り買い物を終えたことねがたくさんの荷物を抱えながら僕にそう言った。

ジュン「いや、もう見たし。特にないですね。」
ことね「あっそ。ちょっと荷物ウチまで運んでよ。置いてからなんか食べにいくよ。」
ジュン「いいですけど・・・」

ことねのにもつがあまりに多いため、一度家まで持って帰ることになった。

ことね「ほら、ここ。いいよ入って。」
ジュン「はい。」

案外普通の家だった。こんな性格してるから散らかってんだろうなとか思ってたけど綺麗に片付いてる家だった。

ことね「ちょっと一服してから行かない?疲れちゃったよ。」
ジュン「はい。」
ことね「ちょっと待ってろ。なんか飲むもの探してくる。」
ジュン「あ、ありがとうございます。」

ことねがキッチンへ向かった後、もの珍しさもあって部屋の中をうろうろ見渡した。
すると違う部屋の片隅に、小さな質素な仏壇があった。

ことね「何してんだ。」
ジュン「あ、すいません。」
ことね「なんだよ。女の独り暮らしの部屋ウロウロしやがって。」
ジュン「そんなつもりじゃないです。」
ことね「分かってるよ。ほら、缶コーヒーしかなかったけど。」

何故かものすごく熱い缶コーヒーを飲みながら煙草をふかす2人。
その沈黙が嫌だったのか、それとも本当に聞きたかったのか分からないけど

ジュン「あの仏壇。どうしたんです?」
と尋ねた。

ことね「どうしたってなんだよ。」
確かにそれもそうだ。気を使ったあまりに変な質問になってしまった。

ことね「どうしたって言われても、買ったんだよ。ほら。」
そう呟きながらことねがリビングにあった写真立てを取って僕に投げてよこした。

ジュン「両親?」
ことね「そうだよ。」

そこには静かそうな夫婦と小さな女の子とさらに小さな男の子が写っていた。

ことね「あたしが20なったくらいに母親が病気で死んでさ。それを追うようにすぐに父親も死んだよ。」
ジュン「あ、すいません。」
ことね「なんで謝んのさ、変なやつだね。」
ジュン「この子は?」
ことね「あたし。可愛いでしょ?」
ジュン「そうじゃなくて、男の子ですよ。」

僕は一緒に写っていた小さな男の子が気になった。

ことね「ああ、それ弟。かわいそうなのはあたしよりそいつかもね。」
ジュン「生きてるんですか?」
ことね「あ、生きてるよ。どっかで。」
ジュン「どっかでって?」
ことね「両親2人とも死んだの20の時よ?あたしだって遊びたい盛りだし20の女に高校生一人育てられる訳ないじゃん。だから遺産とか保険金半分渡して好きにしてって言ったのよ。それからあってない。」
ジュン「そうなんですか。連絡はとってないんですか?」
ことね「なんて言ってとりゃいいのよ。」
ジュン「いや、それはわからないですけど。」
ことね「だろー。」

僕はうすうすことねには「何か過去がある」と気付いていた。
不思議な事に、音楽好き、ましてや激しい音楽好きってのは過去になんらかがあった人が多い。
重たい音楽性に共感が持てるからなのか、何故かは分からないけど実際にそういうものだ。

ことね「将来のこととか、不安だっただろうにな。」
ジュン「高校生じゃそうですよね。」
ことね「今はお前と同じくらいの歳じゃない?立派にやってくれればいいんだけどさ。」
ジュン「大丈夫ですよ。」
ことね「そいつのこと知らないくせに」
ことねは笑いながら目を軽くぬぐっていた。

ことね「いやー、お前みたいに陰気なやつでね。それが姉ちゃんは心配だよ。」
ジュン「オレみたいに?」
ことね「そうそう。いっつも部屋に籠っててさ。くらーい顔して元気なくて。」
ジュン「オレそんなんです?」
ことね「そうじゃん。暗ーい顔して元気ないし。ま、お前らしくて良いっちゃ良いんだけどさ。」
ジュン「なんですか、それ。」
ことね「でも明るく振る舞うってのも悪くないよ?お前もたまにはやってみろよ。」
ジュン「いや、オレはそういうのは。」

ことね「そうだろうね。真っ黒い髪で目を隠すように伸ばしてさ。どこ見てるのか、何考えてんのかも分かりゃしない。ド派手に髪を金髪とかにしちゃってさ、がーっと酒飲んで暴れるような性格なら姉ちゃんはなんも心配いらないのにさ。お前も、あの弟もさ。」

ジュン「・・・・。」
ことね「なに黙ってんだよ。」
ジュン「いや別に。」
ことね「あー、暗いねー。嫌だねー、どいつもこいつも。」

涙を溜めた顔を見られるのが嫌なのか、ことねは缶コーヒーをぐーっと飲みほし片付け始めた。

ことね「だけど僕らはくじけないー。泣くのは嫌だ笑っちゃおう、進めー♪」
明るく歌いながら片付けをすることねを僕は黙って見ていた。

ことね「おい、暇か?」

また、ある日誘いがかかった。

ことね「みんなで飲み行こうかって。」
ジュン「あ、はい。良いですよ。」
ことね「じゃ、9時に駅前来いよ。」
ジュン「はい。」

僕は駅前にいた。
まだだれも来ていない。

するとすぐにことねはやってきた。

すばらくあたりを見回した後、驚いた様子で僕に近寄って来た。

ことね「お前・・なんだよそれ!」
ジュン「意外と・・似合うでしょ。」

ことねは大笑いした後に僕に
ことね「ああ、似合うよ。良いじゃん!」

金色に光る僕の髪を目印に続々と仲間たちが集まってきた。

ことね「よし行くぞ。進めー♪」

僕の頭をくしゃくしゃやりながらことねは歩き始めた。

ジュンさんの文章の秘密

文章って難しいよ。

ダイエットの記事書いたらなんかダイエットより「文章の秘密」を知りたいと言われたので、
ちょっと文章の書き方について僕が気を付けてることを紹介でもしようかなと思います。

一応、僕は日本語を専門的に学んだこともありましてですね。日本語教師の資格も持ってるんですけど、
なにより文章というのが好きでですね。良く本を読むんです。小説以外だけど。

で、ブログとかやってる人も多いんじゃないでしょうか。いや、いたら教えてほしい限りですけど。このサイトからリンクしてあげてもいいから。
それくらい僕は文を読むのが好き。でもそれが一番の上達の方法だと思っています。

あと書くときに気を付けてる事ってのが実はあります。
それをちょっと紹介してみようかな。

1 輪廻を大切にする
生まれ変わりのことです。伏線とも言います。例えば最近の記事だとケロくんと数奇な政治とかで使ってます。
これは最初の方で少し触れた話題に後半で再び触れるって方法。この記事だと冒頭で「お金を稼ぐ」と「ブログの更新再開」について触れていますが最後に「住民税を払う」と「ブログ更新再開の理由」について触れてます。
後、隈っちのケツに爆竹つっこんでやるって頭でも行ってますし、本文中にも肛門の裂傷について触れてます。

文章で書くとしょーもないことに触れてると気付かされますが、長い文を書くときにはとても有効で繋がりを持たせることで「これは一つも文章なんだ。」と印象付けることが出来ます。あと、映画や漫画やゲームで前作のキャラとか過去のストーリーとリンクしてたりするとわくわくしない?それを文章に応用したのだ。

2 たまに出る口語
僕の文は敬語とそうじゃないものが入り混じってます。
タメ口というか口語の文は「僕の本音がぽろっと出た感じ」の時に使います。すると文章なのにそれを書いている僕と話している感覚になるんですね。台詞とはまたちょっと違くて

ジュン「何言ってんのお前。」
とかカギカッコを使うのはその文中の登場人物との会話。

僕が良く言っている
こんなブログ毎日見て、暇なのお前ら?
みたいな書き方してる時は読んでいる人への僕の言葉というわけです。

3 吾輩は猫である
有名な夏目漱石の本です。これの冒頭は「吾輩は猫である。名前はまだない。」という冒頭。
冒頭に非常に簡潔な一文を入れることによってその文章の先に興味を持たせるというもの。
ツンデレ雨戸。とかで使われてますね。長文でストーリー性のある文章には有効です。

4 自信過剰な文
実際に僕は自信過剰な性格ですが、別に過剰なんじゃなくて僕って実際に天才だしイケメンだし、弱点と言えばちょっと目が悪い所くらいですが、たまに見せる眼鏡姿もギャップがあって良いとか言われます。
↑こういうのが自信過剰。こういう文は実は読みやすいんです。
~だと思います。とか自信なさげに書くよりはっきり、~だ。と書いた方が分かりやすいのです。

5 専門用語は使わない
僕の文、案外語彙力というかボキャブラリーが少ないでしょ?これはどんな人でも分かるよう「難しい言葉」や「専門用語」使わないから。
本当は難しい言葉だって知ってるけど、読んでてめんどくさいじゃん。そういうの。

6 句読点
僕の、文は、句読点が、多いです。
いや、ふざけるのはいい加減にして本当に多いと思います。
でもその方が見やすいし、さっきも言ったように「会話感」が出るので多めにしてます。
また、

僕は彼の信じられない言葉を聞いた
隈「俺、ホモなんだ。」

とか書きたいときは

僕は彼の信じられない言葉を聞いた。
と敢えて句読点を入れません。上下の繋がりを持たせたいから。

あと

なにいってんのこいつ

とかわざと全部ひらがなで句読点なしにすると白々しさを出せます。

7 改行が時間

さいごに

言いたいんだけど

改行は時間を演出できる。

例えば、

僕は猫を拾った。
だけど実はアレルギーなので川に捨てた。
でもやっぱり可愛そうなのでまた拾った。
でも目がかゆくなったのでやっぱり川に捨てた。

と書くとポンポン行動したように感じますが、

僕は猫を拾った。

だけど実はアレルギーなので川に捨てた。

でもやっぱり可愛そうなのでまた拾った。

でも目がかゆくなったのでやっぱり川に捨てた。

と書くとちょっと時間が経ってるように感じます。
これが時間の演出です。

さ、エラそうにダラダラと書きましたが。実はこれ全部、今適当に考えた事。
「あまり考えすぎず書きながら考えつつ、誰かと話してるときみたいな感覚で書く」
これが僕が文章で気を付けてる唯一のことなのだ。

考えすぎるとどうしても難しい分かりづらい文になるからね。

試してみてはいかがですか?

バイバイぷよぷよ コメントに答えるよ

その1
その2

思惑通り、ダイエットに記事はアクセスが稼げます。ほーら。2倍2倍。

まあ、それはいいとして。
たくさんのコメントありがとうございました。久々にコメントに答えたいと思います。

・朝飯抜くと腹出るよ。
 2013-06-18(22:58) : 隈

結局、摂取カロリーの集計で考えれば朝昼夜と昼夜だとぶっちゃけ昼夜の方が少ないので痩せます。食べなきゃ食べないだけいい。
でも実際朝を抜くと、1日の最も活発的な活動時間にエネルギー不足になるため筋肉を分解してしまいます。
だから太りやすくなる、というのは事実です。一番は3食きっちりバランスよく目標摂取カロリー内で食べるのが理想。

・ぶひぶひ!ぶひー!
 ジュンちゃんのビフォーアフターな、
 写メをキボンヌ(・v・★)
 2013-06-18(23:56) : 隈

ビフォーは撮ってない。
理想の体型になったら載せてもいいかも。

・特にお腹廻り。
 腰とか背中とかお願いします
 2013-06-19(10:21) : 無記名

お腹には http://nikkan-spa.jp/38226はマジで効く。5日目で見て分かるレベル。腰や背中はツイスト運動が良いと効いたよ。でもこれは「食べたら腹が出る」って人向けかも。腹筋を鍛える事によって内臓とかが腹筋に押さえつけられてぽっこりしない効果があるのだ。
部分痩せって実は難しい。全体の脂肪量の絶対量を減らす必要があります。軽いジョギングから初めて見たら?

・非常に丁寧でとても参考になりました。
 2013-06-19(12:31) : カスジロ

僕はダイエットの専門家ではないですが、「文章」に関しては長けている自信はあります。
こうやって専門的な情報を集めてジュンさんらしくまとめるのも楽しいなーって思った。またなんかやろうと思う。

・タイムリーすぎてびっくりしました。
 頑張ります(`・ω・´)
 2013-06-19(15:06) : グッピー

夏に肌や体の露出が増えるからダイエットを目指す人が多いのがこの時期。また、薄着になって太ってるのに気づく人も多いね。僕もその一人。
でも、梅雨で外で運動できないのがネック。踏み台昇降運動とかテレビ見ながらやるといいかもね。

・25過ぎたぐらいから体が変わってきて、今までと同じやり方では落ちなくなってました(>_<)
 ちなみに、二日酔いを覚えたのも25過ぎてから(-。-;
 すごくわかりやすい!
 あたしも頑張ります!!
 2013-06-19(18:40) : みかん

それは多分ね、10代の時より筋肉も落ちるし代謝も落ちるし成長するためのエネルギーも大して使わなくなったからだ!それはしかたのないこと。
とにかく走るor歩くが効果的よ。いやホント。

・今 ぷよぷよ と戦ってます!
 特にヒップアップには力をいれてます! でもなかなか上がらないです(*_*)
 2013-06-19(18:44) : かず

お尻は考えたことなかったなー。
でも走るのが効果的だと思う。有酸素運動みたいでは無く坂道を早めに駆け上がるとか。実は早く走ると無酸素運動になるので筋肉が鍛えられるのです。

・まさにこれ!
 この運動をする運動器(膝、上肢、下肢など)に痛みがない。
 循環器疾患(不安定型狭心症や心筋梗塞を今までに治療した方)がない。
 35才以上で今まで特に運動をしていなかった方

 上記以外の方は、自分のペース(息切れしない心拍数130程度) を目安に行った方が良いでしょう。

 上記に該当したり、現在通院されている方は、主治医に運動療法を行ってかそう相談されるのをオススメします。

 はぁ、普段運動療指導している糖尿病患者さんにちゃんと運動療法して欲しいと思います。糖尿病が、悪化する と失明したり、足の指が壊死し、足を切断しないといけないので。

 ちなみに、500床以上ベッド数のある当院は、毎週二人くらいを形成外科の医師に依頼し、足の切断を行っていま す。
 2013-06-19(20:06) : 代謝内科医

わーい。お医者さんに認められた!
ほら、内科医推薦ですよ。やっぱり専門家の方の意見というのはためになるね!
自分のペース(息切れしない心拍数130程度)ってのは本当に大事なんですよ。話す余裕がある程度のペースのことね。
糖尿とか専門的なことに関しては適当なこと言えないけど、予防するには健康なうちからこうやって運動を心がけてると絶対いいはず。できるときにやりましょう。

そんなわけで、ジュンさんのダイエット講座でした。

次は、音楽の講座でも書こうかな。需要ねぇか。