滴るほどに。

仕方ねーな。

こんな話も合ったけど、それとは別の話。

これは数年前なんだけど、母親に「加湿器買ってこい」と言われて僕が以前ラブホで借りた下品に7色に光る加湿器を買って帰ったら妹が「あ、これ!下品に7色に光るんだよね。」と言われ、まさか同じところを利用してるとはとお兄ちゃんは動揺してたんですが、
その動揺が加湿器にも伝わってしまったようで、使い始めて1週間ほどで彼は水蒸気を吐かなくなりました。

で、それを返品しにお店に行って。ついでだからタリーズのお姉ちゃんに色目使ってから帰ろうと思い、タリーズ入ってコーヒーをガブガブ飲んでたらトイレに行きたくなりまして。

トイレに行ったんですよ。行ったんですが。

そこのトイレは男女兼用で一個しかなく、仕方なしに大型のショッピングモールだったので一回お店を出て違う階のトイレにまで行ったんです。

お姉ちゃんにトイレっていうの嫌だったから

「ちょっと書類をコピーしたいので荷物おいてきます。」と言ったら、
「うちのコピー機貸してあげるよ。書類貸してください。」と何とも親切なことを言って頂いて、
仕方なしにさっき電気屋に渡した加湿器の説明書をコピーしてもらったら
「あ、これ!下品に7色に光るんですよね!」とまさかのタリーズのお姉ちゃんまで同じトコ使ってる疑惑。

もうおしっこしたいし、トイレは空かないしで限界なのでお店を出てトイレに急ぎました。

そのトイレ、障碍者用と言いますか。ちょっと広めの多目的トイレが入口にあるんですけど、
まあ僕はおしっこしたいだけだしなんの気にもせず男子トイレに入って、済ませて、そして出てきたらその多目的トイレのドアが電動でウィーンと空きました。

そこにいたのが、謎のびしょ濡れの女の子。

はっとした表情を浮かべ、急いで「閉」ボタンを押すがアレってそんなに早くは閉まらないんだよね。

また、ウィーンと閉まって行くまで僕はじーっとみてしまった。

「なんだありゃ?」と僕は考えていると、中から

「あのぅ・・」と小さく聞こえた。

オレ?
オレに言ってるの?

そう、心の中でつぶやくのと同時に実際に声にも出してつぶやきました。

するとまたウィーンとドアが開き

「入ってきて。」
とのお誘いが。

おい、マジかよ。そんなアブノーマルな事できないぞオレ、とパニックになりながら入ると

びっしゃびしゃの室内とびっしゃびしゃの女の子が。

ワケを聞くと和式が苦手なその女の子。和式しか空いてなかったために仕方なしに多目的トイレを使って手を洗おうとしたらと水道が暴発しびっしゃびしゃになっちゃったとのことでした。

「もしよければ、服を買ってきてくれませんか?」とお願いされた。

じゃ、女の店員さんでも呼ぶ?と言ったんだけど「恥ずかしいから止めて。」との事。
なんだか可哀想なので協力してあげることに。

で、5000円その場で渡されて僕はショッピングに向かいました。

一番安いので良いんで、って言われてたけど小柄でちょっと可愛い子だったのでせっかくなので可愛いの買ってあげようと意気込んで普段行くはずもない女物の服屋に入ったら、

「プレゼントか何かですか?」と店員さんに声をかけられました。

「全身一式買ってやりたいんですけど・・」と店員さんに言ったら、
「わー、幸せな彼女さんですねー!こんなのはどうですか?」と言ってきて若干楽しくなってきた僕は店員さんとあーだこーだコーディネートして、やっとこさ全身を決めお会計。1万3千円。赤字です。

トイレに向かう途中、下着屋を通ったんですけど「そういや、あの調子だ。下着もあったほうがいいだろう。」と思い、僕は一目見て下着のサイズを当てるという特技を持っていますのでこれまたラブリーなのを買っていきました。

そして、服のポケットにメモに「これは僕からのプレゼントです。」もらった五千円と連絡先を書いた紙を入れておきました。

「これ、下品に7色に光るんだよね。」

僕は加湿器を見ながらそう説明しました。

「あ、それ。オレがあげたやつじゃん。」
「何でサイズわかったの??」
「すごいでしょ?」

モワモワと水蒸気を吐く加湿器が下品に7色に光る夜でした。

「ステマ」を暴露する。

ちょっと話題になっているので暴露します。

サムゲタンのステマが流行ってたようで(※参考)ちょこちょこなんか記事をみたりもしますね。

そもそもステマとは「広告と思わせないような方法で、広告をだす。」というものでつまりは芸能人が「ナントカって商品ちょーいい感じ☆」などとブログなどで紹介することですね。そうするとそれ見た人が「○○さんが使ってるなら買ってみようかなー。」なんて思うってわけですよ。

一応このブログも過去にTwitterのホットワード1位になったりもしてますし、何より「ステマ」に最適なタイプの雑記系のブログですからね。当然そんな誘いも来ました。

それに加え、僕は他にもいくつかブログやサイトを運営してますが、それらにも例の「ステマ」の誘いは来てます。

まず、どんな感じで来るのかというと・・

メールアドレスを公開しているものでは、メール経由で来ます。
で、広告会社かな。誘ってきた企業はなんかワンクッション入ってます。
「○○を記事にしてもらえませんか?報酬は●万円です。」みたいなメール。
そして、「広告であることがわからないような文面にしてくれ」という指示が。

例にすると、

ある日このブログ「バカ月」にメールが届く。
送信者はよくわからない会社「ヨースケマーケティング」。
「”納豆”を題材にした記事を書いてほしい。内容は任せるが、ポジティブなもので。そして広告っぽさをなくした”日記風”の記事で。報酬は2万円です。」
「ヨースケマーケティング」を検索してみても「納豆」を扱ってる会社ではない。というか、なんの会社かイマイチ情報はつかめない。

こんな感じ。
ここから先はやった事が無いのでわからないけど、オレがここに「納豆まじうめぇ!」みたいな記事書いてお金もらって・・ってかんじかしら。

参考までに、このブログ程度の規模でもアフィリエイトで月1万程度。サーバー代とネット通信費程度なら稼げます。
で、今現在は一日100アクセス程度で記事あげた日は大体200行けばいい方ですね。後、今は僕がどうぶつの森にハマってるからちょっと少なくはなってるけど記事数は月20記事程度と仮定しましょう。
すると、ざっと計算すると僕が1記事アップすると500円程度お金になるわけです。

これは、過去にお祭り騒ぎになったおかげもあるけれど真面目にブログを運営している人なら普通レベルじゃないですかね。

しかし!一記事500円って言ったって一日に何十記事も書きまくればそれだけ収入が増えるわけでもないです。アクセス数と閲覧者が広告を見た回数がキモです。
時には収益3円という日だってありますからね。

で、僕が誘われたステマの一覧を暴露しますと

・自転車(多分マウンテンバイクとか名前忘れたけど競技用のアレ)
 写真(風景と自転車が写ってる)を渡すので、これでどこかに行ったつもりで日記を書いてほしい。
 報酬は1万円

・男性用化粧品
 普通にサンプルを送るので、写真と文で日記風の記事を書いてほしい
 報酬はその化粧品と商品券

・パソコンソフト
 普通にレビューもしくは「これ使って遊んでみた」的な日記
 報酬はそのソフト無料配布と謝礼(※金額は言われなかった)

などなど。大体金額にして3000円から3万円ぐらいが多かった。
そう考えると、破格の収入になりますよね。

また、以前検証系の記事をちょこちょこ書いていたものあってその類のステマも結構きました。
一番おもしろかったのがリサイクルインクのステマかな。
「このブログ、記事数や長文が売りですよね?うちのインクを使って、記事を全部印刷してみたって企画書いてくれませんか?そのあとその印刷した記事を読者プレゼントにしてみたりしたら面白そうじゃないですか?」
って細かく決められてたのもあった。

僕は金と女と酒が大好きなのでその都度、迷ってましたが運営部長であるゆんくんが許してくれませんでした。
「後で絶対大騒ぎになるぞ」とか言って。
ちなみにゆんくん、僕やいろんな人を利用して僕の5倍はネットで儲けてます。死ねばいいのにね。おーい、このブログちょいちょい見てるゆんくんの彼女!こないだその儲かったお金で合コンしてたよ!一人持って帰ったらしいよ!バーカ!

結局、検証記事のために広告ベタベタしてた時期もありましたが、シンプルな広告にして真面目に更新してくのが一番いいと思うんだけどね。
まあ、どっちにしろ僕は「手に職」系の仕事してるからお金に困ってはないんだけどね。

さ、サムゲタン食べて寝るよ。

クリーニングアウト リメイク

隈ちゃんの愛情がまだ伝わらないので新作は書きません。
過去に書いた話を、また書きます。
約一年半でどれだけ文章が変わってるか実験です。

「クリーニングアウト」

2011年4月14日版

ほら、僕って掃除好きな人じゃないですか。

なんかたまに無性に掃除したくなる時があるんです。
掃除しているうちにエスカレートして模様替えに発展したりもしますし、この間も職場を掃除してたら壁の汚れが気になり始めて壁紙を張り替えましたからね。翌日上司に「仕事中にリフォームを始めないように」と言われましたが、社長が1万円くれました。

それで、今度は自室の掃除を始め出したわけなんですけど、いやーでるわでるわの大量のごみ!
僕は掃除する時はまず引出しや小物入れやら、収納してるものを全部ひっくり返すんですけど、
なんでか知らないけど、大量のペンが出てきました。

あとは何故か女物の下着がでてきた。探したけど上はなかった。

数年かけて溜めた変な物たちがゴミとなり、そのゴミの量は15袋をゆうに越えてた。運ぶのにトラックいるぜ、これ。

せっかくなので、机を新調しようと思ってインターネットで買ったんです。

ネットで買い物って便利だし安いし数は多いしで僕もとてもよく利用するんですけど待ち遠しいんだよね、あれ。
いつ来るかなーって楽しみってのもあるけど、2,3日かかる事も多いからね。

しかも、ネット販売って品も店も見えない分、当たりはずれが多いんだよ。びっくりするくらい丁寧迅速なお店もあれば、そうじゃないお店も多い。
いつかなんて2カ月待たされた事があったからね。しかもやっと届いたと思ったらバームクーヘンが届きましたからね。バイクのバッテリー頼んでたのに。間違えにしてもふざけ過ぎだろ。怒りのあまり食ってやりましたからね。ふわふわで美味かったからたまに注文してます。

それは良いとして、机。
大きなものだし1週間くらいかなとか思ってたらあっという間に届きました。
開封して、組み立て式なのでバリバリ組み立てていたら

ネジが足りない。

梱包ミスってやつだ。

これがね、最後の最後。天板を付ける所で気付いたもんだからイライラも絶頂っすよ、マジ。
電話したら「メーカーから取り寄せて1週間以内には届けます。」とのこの。

そうなると、天板の固定されていないアンバランスなこいつにPCとか仕事道具とか置くわけにいきませんからね。
家はごちゃごちゃのままだし、仕事はできないしで困っちゃう。

なんとかしてくれとお願いしても、担当の大橋ちゃんは「できない」の1点張り。
「もうこれ以上待てないよ。仕事もできないよ」と言っても、
でも最速で届けても1週間かかる
「じゃあもう返品だ!」と言ったら
それでは解体して着払いで送ってください
「解体はめんどくさいよ!」と言ったら
申し訳ありませんが解体しないと送れませんよね
「やっぱりネジ送ってくれれば解決じゃん!今ある在庫の中のネジだけとりあえず送れないの?」と言ったら
在庫が無いのでどうしようもない。

この女、どうにかしてやろうか、コノヤロウ。

でも本当にないのなら仕方ない。
ゴネたって出てくるもんじゃないですしね。

良く考えたらネジくらい自分で手に入れられると思ったので、大橋ちゃんにサイズ聞いたら「領収書送ってくれれば支払います。」と言ってくれた。

この対応に僕はすっかり気を良くしまして、「それは良いよ。数100円だもん」と優しく許してあげました。
それどころかネジ1個でキレてたオレはどうにかしてた。なんて小さいんだとまで思ってきた。

で、まあホームセンターに行ったら、すごいたくさん種類あるのね。ネジって。
分からなくってまた大橋ちゃんに電話。
「どれだっけ?」と聞いたらまた丁寧に教えてくれました。

そしてネジを買って帰り、家で机につけてみるとこれがまたぴったり。
嬉しくなって大橋ちゃんに電話で報告すると「やったー!」と喜んでました。可愛い。
しかも
「じゃあ、領収書おくってくださいね。」
というじゃないですか。
僕も「いいよ、丁寧に対応してくれたから。」と返しました。

後日、お詫びの品として商品券が大橋ちゃんから届きました。
僕はお礼としてその商品券でバームクーヘンを買って大橋ちゃんへ送りました。

また、ある日。
大橋ちゃんからメールが届いた。
「今回、迷惑をかけてしまったのにお礼の品まで頂いて、言葉が出ないほどに感動しております。バームクーヘンありがとうございました。とてもおいしかったです。スタッフの皆で頂きました。大変喜んでおります。
これからもこの仕事を続ける元気がわきました。ありがとうございます。お仕事がんばってくださいね!」
とお礼の言葉だった。

いい買い物したなーっと新しい机を眺めながら模様替えしたベッドに寝転ぶと、
頭になにかゴリゴリしたものが。

ネジあった。

もうこれで頭のネジを締め直したいジュンさんでした。