女達の戦いデパーチャーズ その5

女達の戦いデパーチャーズ その1
女達の戦いデパーチャーズ その2
女達の戦いデパーチャーズ その3
女達の戦いデパーチャーズ その4

登場人物
ジュン 僕です。
ようすけ 愛と裏切りの伝道師
あいこ 恋する乙女
りん それを応援する友人
ともき イケメン。
こうへい カス。
ちひろ 可愛くモテる女の子
ドム 太ももがドムみたいな女の子。でも人気。

ようすけ「おい。」

先日、あんな事件が起こってしまい若干仲間内がギクシャクしてるらしい。
間に挟まれた僕たちは困っていた。

ようすけ「どうする?ずいぶんギクシャクしてるらしいぞ。」

ジュン「うーん。」

ジュン「知らんぷりしましょう。」
ようすけ「はい。」

ジュン、ようすけ 戦線離脱。

と、いうのも・・・・

りん「なんであんな余計な事したんだ!」
ようすけ「何の話?」
りん「あいこのことだよ!」
ジュン「はい?」
りん「余計なことしやがって・・死にそうな顔してたぞ!」
ようすけ「ちょっと待て、何のこと?」
りん「なんも知らないの?」
ジュン「うん。」
りん「ともきだよ、ともきに入れ込んでたんだよ。」
ようすけ「え?あいこも?」
りん「も?」
ジュン「ドムじゃないの??」
りん「何言ってんの??」
ようすけ「違うの?」
りん「違うよ、バカ!」
ジュン「oh・・・・」

僕ら二人は勘違いをしていた。
ドムは「あいこ」のためを思い怒ってたのだ。本人が気になってたわけではない。
なのに僕らはドムをどうにかさせようといろいろやったのだ。

ジュン「あらー。」

ようすけ「どうする?ずいぶんギクシャクしてるらしいぞ。」

ジュン「うーん。」

ジュン「知らんぷりしましょう。」
ようすけ「はい。」

めんどくさいのでこれ以上関わらないようにした。

ジュン「あ・・。」
ようすけ「なんだよ。」
ジュン「ともきにドムが狙ってるよって言っちゃったんだ。」
ようすけ「そうだっけ?もう、この際くっつける??」
ジュン「いやー、友達を失うぞ。オレたちもあいつらも。」
ようすけ「じゃあどうすんだよ。」
ジュン「こうへいに爆弾処理を任せよう。」
ようすけ「どういうこと?」
ジュン「こうへいにドムに手を出させよう。」
ようすけ「それはいい!!」
ジュン「よし、早速・・・」

こうへい「お前ら、人の人生なんだと思ってんの?」

どうやらお気に召さないご様子。

ジュン「なんでダメなの?」
こうへい「そういう、なんで人間関係を乱すようなことするかなぁ。」
ようすけ「ダメ?あいつ嫌いか?」
こうへい「嫌いじゃないけどさ。」
ジュン「むしろ好きなタイプだべ?」
こうへい「そうだけどさ。」
ようすけ「じゃ、いいじゃん!」
こうへい「うーん。」

こうへい「ま、いっか。」

ジュンようすけ「わーい!!」

ともき「えー!?なんでそんなことになったの?!」

こうへい「まあ、長い付き合いだし・・・」
りん「えええええ?!」
ドム「黙っててごめんねww」
あいこ「な、なんでよ!?」
ようすけ「ま、いいじゃん。めでたい!」

こうへいとドム交際開始。

ともき「ワケわかんねぇ・・」
ジュン「ホントだよね。人生なにがあるか分からん。」

ともき「いやー、独り身がどんどん減ってくね。この際どう?俺らも付き合う?」
あいこ「え・・?!」
ともき「冗談ww」

今も恋する女の子、あいこの戦いは続いている。

おわり。

女達の戦いデパーチャーズ その4

女達の戦いデパーチャーズ その1
女達の戦いデパーチャーズ その2
女達の戦いデパーチャーズ その3

登場人物
ジュン 僕です。
ようすけ 愛と裏切りの伝道師
あいこ 恋する乙女
りん それを応援する友人
ともき イケメン。
こうへい カス。
ちひろ 可愛くモテる女の子
ドム 太ももがドムみたいな女の子。でも人気。

ジュンのちょっとした企みにより、
「この中からでは誰を選ぶか・・」というよくありがちなゲームをすることに。

ようすけ「じゃ、いくぞ。せーの!」

ジュン→ちひろ
ようすけ→りん
こうへい→ドム
りん→こうへい
ドム→ともき
ちひろ→ジュン

あいこ→ともき
ともき→あいこ

ジュン「・・・おう。」
ようすけ「・・・・・。」

ちひろ「キャー!!どうしよー!」
ジュン「ちょっと黙れ。」
ドム「ちょっとこうへいww」
こうへい「思い通じず・・か。」
ようすけ「なんで俺は誰もいないんだよ。」
りん「そりゃあ、ねぇww」
ともき「あいこちゃんww」
あいこ「あ・・・。」
りん「にやにや。」
ジュン「ちょっと来い。ともき。」
ともき「なんで?」

ようすけ「ちょっと。」
ともき「なに?」
ジュン「こないだ話してたのと違うじゃん。」
ともき「なんだっけ?」
ようすけ「付き合うならだれが良い?って言ってた時だ。」
ともき「ああー」
ジュン「ドムなんか楽しそうとか言ってたじゃねぇか。」
ようすけ「そうだ、実はな・・・」

ともき「マジか。悪いことしたな。」
ようすけ「ま、ジュンも悪い。あんな残酷なゲームするなんて。」
ジュン「かたじけない。」
ともき「知らなかったなー。まさかドムがね・・・」
ジュン「な、びっくりだろ。」
ともき「ちょっと気にかけてみるわ。」
ようすけ「おうよ。」

席に戻る僕たち。

りん「なに話してたの?」
ともき「え?なんでもない。」
ドム「なんなのさ。」
ジュン「え?オレはもう帰るってことだ。」
あいこ「え?」
ジュン「おし、行くぞ。ヒイヒイ言わせてやる。」
ちひろ「え?あ、はい!!」

ジュンはそういうと帰った。なぜかちひろも。

りん「おい。なに話してたんだよ。」
ともき「えっと。。」
ようすけ「ジュンが帰るって相談だった。」
あいこ「あの二人マジなの?」
ようすけ「さあな。」

ジュン「おい、くっつくな、酒臭い!」
ちひろ「なんだと!あたしを選んだくせに!」
ジュン「あ?」
ちひろ「酷い!軽い気持ち・・・」
ジュン「ん?気持ち・・なに?」
ちひろ「きもちわるい。。。」
ジュン「あーあーあーあー。しらたき食べた?」
ちひろ「やめてー・・・」
ジュン「めんどくせーなー。もう・・・。」

ともき「トイレ、混んでたよ。」
ようすけ「おかえり。」
さりげなくドムの横に座る。さすが。
りん「まだなんか飲む?」
ともき「みんなどうするの?こうなりゃとことん飲む?」
こうへい「だな!!行くぜ―!」
一同「おう!!」

こうへい「じゃあねー!気を付けて―!」
りん「ばいばーい!」

明け方。
少し明るくなった外にみんな。
みんな疲れた様子で帰り始めた。

ようすけとともきは同じ方向だ。

ともき「さすがだね。」
ようすけ「なにが?」
ともき「ほら、俺たちがトイレから帰ってきた時怪しまれたじゃん。」
ようすけ「ああー。」
ともき「とっさにジュンの事だって嘘ついたじゃん。俺だったらそんなにすらすら思いつかないよ。」
ようすけ「俺とジュンは嘘の天才だから。」
ともき「うわー。」
ようすけ「おかげで敵も多いぜ。」
ともき「でも、まさかドムがなー。」
ようすけ「ま、いいんじゃん?」
ともき「そう思ってきたww」
ようすけ「このスケベ!」

あいこ「グスン・・・」
りん「・・・・・。」
あいこ「クスン、うえぇ・・・りんー。」
りん「よしよし。おいで。辛かったな。でも酒の席だしさ。」
あいこ「もういいよ・・ありがと。。」
りん「じゃあね、気を付けてね。」
あいこ「ねえ、りん。。泊まってってよ。。寂しいから」
りん「分かったよ。」
あいこ「もう勝ち目・・ないのかな。」
りん「ごめん、正直わからない。でも酔ってただけかも知れないし。指さしではあいこのこと指したじゃん!」
あいこ「だから、なおさら分かんないよ・・・。」
りん「まあねー。この際聞いちゃえよ!」
あいこ「そんな勇気ないよー・・なおさらあんなん見ちゃったら。ともきの膝枕で寝てるんだよ、ドムちゃん。」
りん「うーん。」

ドム「なに、あたしそんなことしたの?」
こうへい「てか、ともきの横で寝ちゃってたんだけどともきが乗せてあげてた。」
ドム「マジかー・・・・」
こうへい「????」

続く。

家族が増えました。

これからはみんなで協力して頑張っていこうと思います。

2012-02-27 18.58.15

清水道幸
ちょっとめんどくさい性格ですが、悪いやつじゃないです。公務員です。

2012-02-27 18.58.33
清水美帆
趣味はアメーバピグです。印刷会社で働いてます。ラルクが好きです。

2012-02-27 18.58.59
清水結衣
友達思いですが、マイナス思考が玉に傷です。

彼らの出身地
2012-02-27 10.30.42