灯火

更新がものすごく停滞しているこのブログ。
ありがたいことに一度更新したら一気にアクセスが増え、その後2、3日はそれが続きます。コロナみたいですね。

更新し始めたらまた続けて更新してるのかなとチェックしてくれる人が多いようですが残念、2ヶ月ぶりの更新です。

前回、これを書いた時。心がスレてきたのもあり自分の不満をぶちまけるつもりで書きました。

そして、どうせ数ヶ月に一度しか更新しないし次に更新する時はコロナなんて落ち着いてだろうと思ってましたが残念ながらまだですね。もう一息。

こんなコメントをいただきました。

やっぱり

初めまして

あいさつが注目されたときからずっと、全部読んでます。
こんな時だからこそ、と思い出して久しぶりに訪問してみたらやっぱりUPされてました。
隈さんも相変わらずのコメントでなによりです。
私事ですが、震災当時と仕事も環境も変わって今では僕も結婚しました。
実はこのブログがきっかけです。
さて、当時のジュンさんのブログファンは今でもきっと待ちわびているはずです。
更新頑張ってください。
みんなで乗り越えましょう!

このブログのどこをどうしたら結婚に繋がるのか想像もできませんが、嬉しい限りです。結婚式呼んでくれれば良かったのに。隈っちの葬式は絶対顔を出すと決めています。隈っち、死んだらコメントしてね!

そういやこのブログが大きく飛躍したの、震災の時でしたね。あの頃は毎日1万円ほどの広告収入があって幸せだった。

僕はきっとね、ストレスが溜まったり辛くなったりすると溜め込む。ずっとずっと。

しかし、こうやってブログでもなんでも吐き出すとだいぶ楽になるんです。

このブログなんてどんだけ不謹慎なこと言おうと炎上しようと下ネタを言おうと御構い無しダメージなしなのでちょうど良いのです。

いつだか、同級生で中学校の先生になった友人がこのブログについて「ワードセンスが良い。毒もあれば正義もある。力を抜いて読めるしハッとすることもある。」と褒めてくれたことがあります。学校の先生ですよ。

後に彼、大麻所持で逮捕されましたが、学校の先生に褒められたことが嬉しくって嬉しくって。

つまりね、平穏が続いている時って書くことないんですよね。良い出来事か悪い出来事か分かりませんが、何かあった時に僕は何かを書き始めるんです。

ずーっと更新が止まってたとき、平穏が続いてました。なので書くこともなかったんです。

さてどうでしょう。

前回に続き、今では悲しいかな平穏は奪い去られてしまいました。

僕ももう3ヶ月以上は市内から出ておりません。遊びにも行ってません。仕事はあるけどクソ暇。何もすることないのになんかしろと圧力をかけられ、ディズニーランドに行きたすぎる娘はマツコの知らない世界の風間俊介の特集を何万回と見ています。気が狂うわ。ディズニー行きたい。

しかし先日、緊急事態宣言も解除され、我が神奈川では休業要請が解除です。お店も開き始め街に人も多いです。

確かに新規感染者も少なく、なんとなく先が見えてきたかなって気がしますね。

そんなタイミングと「自粛生活もいい加減にせえや」と我慢がならなくなったくらいのタイミングが重なりましたね。多分今週末はヤベェことになる気がします。そして6月入ってからきっと感染者はちょっと増えるでしょう。

テレビCMなどで「新しい生活様式」みたいなのがよく流れてるのを見たことないでしょうか。

つまりは、「このウイルス、ゼロにはならないから社会が動き始めても気をつけないとダメだよ。今まで通りじゃダメだよ」ということなんじゃないかと思います。

僕は専門家でもなんでもないから勝手なこと言いますが、例えば

今まではないところもあったけど、デパートや商業施設のトイレには石けん完備、とか

室内で密集するものは好まれない。アウトドアや屋外の娯楽が流行る、とか。

勝手な予想ですが。

学校もきっとむやみに集会したりなどは減るんじゃないでしょうか。

感染拡大を防ぐため、もう誰の命も脅かされないためにかつての生活は仕方ない変えましょう。

しかしね、変わるのは一般市民の生活ばっか。社会は変わるんでしょうか。

例えば、僕の自宅に容赦なく各税金の案内がきました。このご時世に少し税額すら増えてました。

まあ、収入が少し減ったとは言え払えますから払いますけど、銀行でしか払えないんですよね。僕の住む自治体は。

自粛だなんだ、外出が悪だと弾圧すらされている今です。むざむざ税金払いに銀行まで行かなきゃならない。ネットでカードで払わせろよと。

実際6月は税金の支払いの季節。

自動車税、軽自動車税、固定資産税…

たーくさんのお葉書が届きました。ちなみにマスクも給付金の手続きの案内は来ません。来やしません。

またまた、経済や雇用に関してもそうです。

ナントカ給付金だか知りませんが、9割が国が負担するから雇用を維持させてくれっていうアレです。

しかしまぁ、残りの1割負担が嫌だから、だったら社員のクビを切るって企業ばっかですよ。

人が死のうが、簡単に変わることのない日本企業のことを、国は知ってるんでしょうかね。

いくら政府やお上が「新しい生活様式」だなんだ言っても、結局決められたことをやらなきゃいけない人達は変えることができない。

あの10万円貰ったって「このご時世だから」とこのご時世じゃなくても上がらないボーナスをドサクサでカットされ、なかには解雇すらされる人だっているのに。全然足りない。むしろマイナスだよね。

たしかに感染を抑えるためには私たちの生活を変える必要があるかも知れない。

しかし、それを求めるなら社会を変えなきゃ。新しい社会様式を作らなきゃ。

残念ながら日本企業は変えない(所が多い)。

だったらどうするか。法で縛るっきゃない。なんせ人が死んでも変わらない企業がおおいんだから。

すごーく簡単なところで良いんですよ。例えば税の支払いはネットで出来るようにするとか、

コロナにかこつけて社員に不利益を被らせたらその企業は給付金とか支援はナシ!とかね。

僕らは1番小さな歯車なんです。僕たちの動きを変えるには大きな歯車たちが変わってくれないと、僕らは壊れてしまう。そのことを国や企業などの大きな歯車は分かって欲しい。

「オレたちも変わるからお前らも頑張ってついて来い!」

こういう声が聞きたいものですね。

しかしまぁ、なんとなく収束への灯火が見えてきたような気がしませんか?

でもまだ小さな小さな灯火。すぐに消えてしまいます。

もうちょっともうちょっとだけ見守ってあげましょう。

いつか世界を照らす太陽になるまで。

CSSで行こう

子供のころの習い事ってなんですか?

僕は幼い頃からピアノ、公文式。あと水泳。
中学になってもピアノは続けましたかね。あとは受験時には塾も通いました。
塾は最初はたくさん生徒がいる大手にいたんですけど、ワイワイうるさいのが嫌いだったし
「先公なんて反抗してナンボだろ!」見たいなクソ中学生も多く途中で変えました。
変えた先が生徒数は少なかったんですが、友達みたいな先生と「一緒にがんばろうぜ!」みたいな先生が多く、
もちろん受験対策の勉強はしてるんですけど、子供と話が合うようにゲームをやったり漫画を読んだり(もともとゲームや漫画が好きだったのもあるとは思うけど)もしていてとても居心地よかったです。
お陰様で人気校に合格しました。元気ですか後藤先生、木村先生。
今では僕が人の親。子供には子供チャレンジやらせてます。
アレなかなかいいですよ。「んなもん遊びみたいなもんだろ」と思っていましたが流石はベネッセ。
絶妙に子供心をくすぐる遊びに見事に「学び」を織り込んでます。
ついこの間「おじぞうがはえた!おじぞうがはえた!」と仕事中に電話が来ましたが、
育てていたおじぎそうの芽がでたみたいです。
月会費も安いし、お勉強を「楽しいこと」と覚えさせれば将来も楽しみですね。
大学の学費は頑張るのでいいとこ出て将来「お父さんも歳なんだから」とぽんとリフォーム代を出してくれるくらいの大物になって欲しい限りです。

さてCMを挟んだところで、本題です。

現在「子供に習わせたい習い事」のNO1はなんでしょう?
アホで中年の古臭い君たちは「そろばん!」とか「習字!」とか思ってるでしょう。違います。
今、子供に習わせたい習い事NO1は「プログラミング」です。
なんと現代的で生産的なのでしょう。
かくいう僕もプログラミングは勉強してます。ほぼ独学ですけど。
まあ、こういうブログやサイトを運営するとどうしても多少は必要になるわけで。
今までも「html」はもちろん「CSS」や「php」などを勉強中です。webデザインですね。
あとは物珍しさで「Ruby」とか「Swift」とかやりましたけど本を読んだだけでなんも出来ません。難しすぎる。
実はプログラミングと僕の本職「英語」って相性がよくて、まあ、実際は英語ではないですし
英語が出来た方が楽に覚えられるよっていうだけなんですが、
そういうこともありプログラミング僕もハマっています。
未来ある子供たち、なぜプログラミングを習わせたいかっていうと、もはや今の世の中プログラミングなしで存在するものなんてないんですよ。それこそ「そろばん」や「習字」とかか。
パソコンが一般的に普及して20年くらいですか?そして今では子供からおじいちゃんまでスマホを持っています。
あなたがこのブログを読んでいるのも、友人恋人とLINEしたり、写真を取ったり、エロ動画見たり、お金を管理したり、支払いをしたり。こんなんも全てスマホアプリで出来ます。
そのスマホアプリはもちろんプログラミングで出来ています。
もう世の中プログラミングがなければ何も出来ません。
逆を言えばプログラミングができれば「なんでもできる」わけですね。
今僕は新しいサイトを作ってまして、これもまあプログラミングを使ってちょっとしたサービスを作ってるんですが、完成したら是非ともゴリゴリ稼いでもらいたい限りです。
こんな風に自宅でお仕事を出来るのもプログラミングの良いところですね。「勤め人」が常識の世の中もそろそろ終わりかもしれませんね。踏ん反り返ってる経営者を見返してやりましょう。
そんなこんなで僕おすすめの習い事は「プログラミング」です。
子供だけでなく大人も挑戦して見ても良いかもしれません。

ズル休み

おはようございます。

皆さんは出勤中ですか、それとも仕事がすでに始まっていて早く昼飯にならないかなと思ってるくらいですか。ザマアミロ。
昨日も言ったように僕は本日はお休みです。有給です。休んでなお、給料も出るという素晴らしいシステムです。
とはいえ、今日は燃えるゴミの日なのでいつも通りに起きてゴミ出ししました。オムツが臭いからね。
その時に近所の小学生に挨拶されたのですが、そうか小学生も学校か。平日だもんね、そりゃそうか。
ウチは保育園なので今日は休ませましたが、そうか小学校になったらそうホイホイ休ませられないんだなぁと。
保育園はあくまで保育なので親が休みの時は一緒に過ごしてください、というスタンスなんですね。
まあ、運動会とかお遊戯会の当日やその練習の期間はできるだけ避けてますけど。
しかし小学校は義務教育、学校に行かせないと怒られます。
ちょっと前にも「皆勤賞はアリかナシか」みたいな話題がありましたね。
無理せず休むことも大事、それは分かります。
では「遊びに行くから休む」ではどうでしょうか。
よくブラックな会社とかで有給を取ろうとするとその用途を聞かれることがあると聞きました。
んなもん「私用です」でいいと思うんですけど、「遊びに行くから休む」ってのがまかり通らない会社もあるそうですね。
僕のとこなんかは「カニの食べ放題行くから休むわ」と休んで行く人が居るくらい意識が高いんだか低いんだか分かりませんが、数少ない僕の勤務先のいいところです。
有給なんてもんは働く大人に与えられた「ズル休み」の権利だと思うんですね。
さっきの話に戻りますが、小学生は平日学校です。
親の平日休みなり、有給なりに合わせて学校を休むのはどうか、と。
僕の意見はアリです。
もちろん毎週月曜休むとか言語道断ですし。
月一でもちょっといやですかね。あくまで「特別に」がいいんじゃないでしょうか。
例えば父親の有給に合わせてディズニーランドに行ったり、とかね。
「土日に行けばいいじゃない!長期休みがあるじゃない!」
と大騒ぎするご婦人も居るかもしれませんが、土日が仕事の人もいますし、長期休みが忙しい業種だっています。そういう家庭の子に生まれたらディズニーとは旅行とかは行けないっていうのは違いますよね。
僕みたいに人混みに入ると体調と機嫌が悪くなる人もいます。
だからね、たまにはちょっとズル休みしてお出かけなんかもいいんじゃないですか。
「普段から毎日頑張ってるし、今日は特別だ。みんなで出かけよう。」
多分子供はめちゃくちゃ嬉しいと思いますよ。
家族みんなで楽しむ。これも義務教育の一環です。