ベースを自分でオイルフィニッシュした!

ちょっとたまには楽器のはなし。

ずっと昔から欲しかった楽器がありまして、それは5弦ベースっていう、通常なら4弦なんだけど一本多くてよりテクニカルなことが出来るやつなんだ。

でもね、買おうと思うと高い!

お金はあるけどね。
でも、他にも使いたいことは一杯あるし趣味にそこまでお金は使えないのが悲しいね。

買えないなら作っちまえと言うことで作ることにした。

さすがにゼロから作れたらオレは今の仕事なんてしてるわけもないので適当なのを改造して欲しいヤツに近いものを手に入れることにした。

さっそく知人に教えて貰ったのが、リサイクルショップで500円で売ってたこれだ。


ネックは反ってるし、意味不明に削られて使い物にならない。音は出ると書いてあったがちゃんと出なかった。
はっきり言って粗大ゴミだ。

これを改造してやろう。

ネックは海外から取り寄せた。
日本でも売ってるんだけど、海外から買った方が安かった。
英語に自信のない人や、輸入だと半月かかるので待てない人は国内でも買えるよ!
中古を買って付け替えるのもありだね!

これは4弦のネック。5弦は国内は無いに等しい。

そしてまず、パーツとネックを外し木だけの状態にしよう!水洗いとかもするからね!

そしたらサンダーという電動ヤスリでウワーっと削る。
手でやりたい人はアイロンで塗料を暖め、スクレーパーとかとがったもので塗料を削った後紙ヤスリで仕上げも出来るけど、地獄のように辛い作業になるのでサンダーを一個買った方が良い。ブルブル震えて気持ち良いよ。

どれも大差ないから好きなの買え。ギターやベースに使うなら小さい方がいいかも。曲線が多いからね。

ヤスリの目は80番と100番を使用。

ギターとか、ベースの塗装って物によって違うけど大体がトップコート(透明の層)→ポリまたはラッカー塗装(色の層)→サンディングシーラー(下地の層)→ウッドシーラー(木の調整保護の層)→木材 となっている。
つまりは相当分厚いというわけだ。

出来るだけ木を削らないように下地までバッチリ落とそう!残ってると取り返しのつかないことになるよ!

全部削れたらヤスリを80→100→240→400→1000→1500と細かくしてく。

女子高生の太もも位にスベスベしてきたらバーっと水洗いしちゃう。して良いものかどうかは知らない。

終わったら完全に乾燥させて塗りに入ります!

今回は渋めの深い色にしたかったのでまず木材に着色をします。

水性のステインという簡単に言えば絵の具で塗っていく。割りとムラが出やすいので注意!
まんべんなく刷毛で塗って軽く乾かしてを三回やった。

使ったのはこれ。別に何でもいい。

次は真骨頂。オイルの塗布に入る。
普通の塗装と何が違うかと言うと普通のとそうは木の上に厚く塗ってある。オイルフィニッシュは木に染み込ませて仕上げるのだ。
楽器の塗装は薄けりゃ薄いだけいいらしい。鳴りがいいのだ。詳しくは知らない。

刷毛で塗って雑巾で伸ばす。または雑巾に着けてシコシコ塗る。やり方は好きで良い。とっても簡単だから。

使ったのはこれ。
なんか樹脂配合とかで乾くと薄い塗膜が出来るらしい。


あらかた塗り終わった。
くすんだのも渋いけど今回はツヤツヤにしちゃう。
ツヤツヤにするためには2000番の耐水ヤスリペーパーにオイルを着けてシコシコこする。
するとスコスコした感触がヌルヌルに変わってくるよ。イヤらしいヤツだね!


最後に布で拭き取って乾燥させたもの。
ツヤツヤになった!アンティークの家具みたいでカッコいいでしょ?

このあとは乾かしてたまに布で磨く。何故かと言うとオイルが染みて来ることがあるからだ。
あと磨けば磨くほど艶が出る。女と一緒だね。自分磨き。自分磨きに没頭し過ぎると厚塗りして質が悪くなるんだよなぁ。楽器と一緒だね。自然が一番。程ほどが一番。

さて!
バカな事言ってないで電装系の改造に入ります!

ササっと断線を直し、せっかくなのでターボ機能とやらを着けてみようと思う。

このいまいちダサいネーミングの機能は何かと言うと、普通のジャズベースはピックアップは並列。ターボ回路はそれを直列に切り替えるスイッチを作るのだ。

どういうことかと言うとターボをオンにするとパワフルになるってこと!

こんなのを作るのだ。
業者に頼むと一万弱踏んだくられる。でも僕は600円でつくれる。知識は財産だね!

これで作れるよ!
繋ぎ方は知りたきゃ教えてやる。

さくっと作った。
ついでにツマミもプラスチックでチープだったので金属製に変えた。こういう細かいところが見た目の印象に響くのよ。

大差ないから安いの付けろ。オレは余ってたのを流用した。

これがオフ。トーンノブを引っ張ると

ポコッ
っとパワフルになる。(気がする)


娘が真似して押すがそこは何もない。

さーて、おおよそ完成!
そんなジャストなタイミングてネックが届いた!
さっそくつけてみよう!

良いね!楽器らしくなってきたね!

弦を張って弦高やその他微調整!
一晩吊るしてみた。(意味はない。疲れたから。)

弦高ぇー


完成品とも遜色ない。グレートだ!

たくさん寝てしゃっきりしたので早速調節!

かなりいいね!音はフェンダー社の10万円クラスのを2~3回ブン投げたような音だ!

目標にした完成品。なかなか似てるでしょ?

木目とかは敵わないけどね!

多少ノイズがあるけど元が元だけに仕方ないとあきらめた。余裕があるときにピックアップでも変えてみようと思う。

さーて。大満足に終わった今回!
塗装剥ぐのは2度とやりたくないくらい大変だったけどまた安いヤツを見つけたら改造して知り合いや後輩に暴利で売ってやろうと思う。

そんなこんなで念願の5弦ベースを手に入れたのでした!

終わり!

唐突に始まる、最近ハマってる音楽

音楽の趣味にムラがあると評判の僕です。

クラシックもメタルもなんでもかんでもイケちゃう僕ですが、最近は何故かもっぱらクラブ・ミュージックです。
妻と子が居ない休みの日。僕は何をするでもなくどこ行くわけでもなく一人自室でDJして遊んでいるのです。

01252.jpg
0125.jpg
散らかった部屋

しかし、最近の若い子というのは音楽をあまり嗜まないご様子。
良くて流行りもの。アイドルの歌なんぞ聞いているという、青春の全てを音楽に捧げたオジサンにはとても悲しい時代となってしまったのです。

てなわけで。
唐突に僕が最近ハマってる音楽を紹介するコーナーです。
今回はクラブ・ミュージック特化で行きます。はい。

動画多め(YouTube)です。


若者二人によるユニット。
いきなりクラブ・ミュージックと呼んでいいのか分からないものですが、パンクやエモみたいな子にシンセサイザーを与えたらこうなりましたみたいな音楽。
元気があって大変よろしい。


PVが最高です。ぶっちゃけ音楽的には大したことないんですけど、PV目当てに何十回も聞いてます。
ちなみに僕は二人目が好みです。

ちなみにこれのパロディのGuitarHeroというゲームのプロモーションも逸脱です。


アメリカを始め、世界中でものすげぇ勢いで流行ってるLMFAO。違う曲が有名ですがあえてこの曲が好き。
これまたPVも見てて面白いです。マジ頭悪そう。
日本人の勘違いアメリカンかぶれ女は高確率でこういう感じになります。


僕の曲。Youtubeじゃなくてゴメンね。UKの「海外のトランスミュージックダウンロードベスト10」の2位を記録したけど、実は途中で飽きて未完成だとは言えない。恥ずかしい。


これまたアメリカなどですげぇ勢いで流行ってる曲。冴えないおばちゃんがブッ飛んじゃうPVも楽しい。
ちなみにこれを作ったAviciiという男の子ですが、これまた優しそうな好青年なのだ。凄いゲーム好きそう。


アノニマスなのか「V」のマスクを被った男が踊り狂い感染していく謎のPV。
「オイオイオオイオイオイオオイ」のベースの重厚感と合わさりその意味の不明さはくせになります。
こんな連中に絡まれたら僕ならブチ切れる。


なんとなくストーリ性はあるが世界観が全く意味が分からないPVのこの曲。映画やSF風なのかそれともただの酒のCMなのか。
音楽自体はホモ臭いハウス。かっこいいよ。


なんか知らないけど、こういったクラブ・ミュージックのPVはエロいのが多いのが困る。
下心抜きに好きなのに。でも張りのある小尻ちゃんがキュート。


日本人には馴染みの薄いDubstepというジャンル。
途中の「ヴァヴァヴァヴァヴァヴァーヴァヴァヴァヴァヴァヴァー」って音が特徴。
オレは大好きですが、周りには評判悪いです。うるさいって。


そんなDubstepで外せないのが彼「Skrillex」。彼がこのDubstepブームを作ったと言っても過言ではありません。
「うわーい!ぴゃーぴゃーぴゃぴゃーぴゃーぴぴぴぴ!しゃしゃしゃしゃしゃ!」
これがまた賛否両論なのです。


Youtubeで脅威の再生回数を誇る動画(の日本語字幕版)
フザケてるのか。真面目なのかわからないけど、音楽自体はかなり本格的。

以上、日本人にはなかなか馴染みのないジャンルですけれど聞いてみるとなかなか楽しいですよ。
テクノポップだって流行ってるしね。

ジュンくん作曲家への道 その②

プロローグ

その①

では前回できたメロディってのがこれ。

今回はこれにコード進行といういわゆる伴奏をつけていきます。
ギターやったことある人には馴染み深いと思いますが「C」とか「Am」とかいうアレです。
イマイチわからない人は「歌の後ろでなっている”ジャーン”とかいうアレ」と思っててくれればいいです。

コード進行に関しては語るとなるとそれこそお金貰いたいぐらいになりますので、サクッとつけちゃいます。

こんなんでました。

とっても単純なコード進行なんですけどね。実は。
でもぐっと曲らしくなってきたと思います。

これをもとに④のAメロやBメロ、イントロ等を考える を始めていきます。
ここまで行けば早いものです。

ちょっとテンポも早くしてみました。

まずイントロはサビのコード進行と最初に作ったモチーフをもろに流用します。所要時間2分。

次にAメロ。
今度はサビのコード進行とメロディはちょろっと変えて見ます。でもやっぱりモチーフを元に作ります。所要時間5分。

あとはBメロ。ちょっと雰囲気を変えたいですね。
なので、ちょっとおもしろいことをします。

かの小室大先生って知ってますよね。
先生が生み出したと言われる小室進行というコード進行がありまして、これを使うとかっこよくなるのです。
それをサクッとパクって参考に、おなじみのモチーフに手を加えたメロディに当ててみます。

どこかGETWILD世代には懐かしい感じになりました。これでおっさんの心もつかめます。

で、後は間奏を作って終わりです。これはアレンジの時にやりたいことがあるので特に手を加えずサビと同じコード進行にしておきます。

これで一通り終わりです。全部通して2時間ばかしで出来ました。
まあ、これからアレンジの作業に入るわけですが、これが大変かつアタシの腕の見せ所です。

ではちょっとアレンジしてきます。
あー、めんどくせぇ。