日中の恐怖

夏の夜の風物詩の一つ、怪談。
夏になれば怪談話で盛り上がったり、肝試しが行われたりする。

しかし、ちょっと疑問に思った。
なぜ、夏の夜なのか。

夏、というのは納得できる。
おそらくお盆もあるし、暑い夏に肝を冷やす怪談で涼をとるのは納得できる話だ。

でもなぜ夜なのか?

言われてみれば霊の類は夜に現れるといわれている。
「草木も眠る丑三つ時」
落語や怪談話でよく使われる文句だ。

そもそも丑三つ時、とは丑の刻つまり午前2時の前後2時間。そこに三つが入り午前2時から午前2時半ごろの時刻を表す。
おそらくこの丑の刻が不吉なものというイメージが付いたのは丑の刻参りだろう。
丑の刻に呪いの儀式を行うことによって憎む相手を呪い殺すことができる、というものだ。
これが有名になり、丑の刻は不吉、とイメージ付けられたのだと思われる。

実際に宗教的な観点でもこの時刻は「逢魔刻」とも呼ばれ、字のごとく「魔」のものに「逢ってしまう」時刻とも言われている。

では丑三つ時以外は幽霊には会わないのか。
そんなわけはないと思う。

例えば午前2時、ポツンと女が立っていたら。公園に一人子供が座っていたら。
誰もが「やばい、霊だ。」と感づくかもしれない。
しかし、昼間同じく女が立っていたら、公園に子供がいたらなんの不思議もないだろう。
誰が「霊だ」だなんて思うだろう。

そう、昼間でも霊たちはそこに存在する。
しかし私たちはそれを「生きている人間」と勘違いしているだけだとしたら。

ジュン「暑いなー・・・・。」
A「なー・・・。」

ものすごい暑い日、何するわけでもなく僕は友人のAとブラついていた。

ジュン「このままじゃマジで死んじゃうぞ。ちょっとどこか涼しいとこ入ろうぜ。」
A「そうだな。でもこの辺アレくらいしかねぇぞ」

Aが指差したのは市で運営してる施設。市民のためにプールが解放されていたり何に使うのかわからない会議室や多目的ホールなどがある施設だ。

ジュン「まあ、ちょっと一息つくくらいならできるかな。」

そう思い二人でそこに入った。

A「あー、涼しい!生き返る!」
ジュン「はい、自販機でお茶買ってきた。」
A「お、助かるー!」

冷たい飲み物を涼しい室内で飲み休憩していた。生き返ったような気持ちさえしたものだ。

ジュン「案外人がいるもんだな。」
A「田舎だからな。他に行くとこもないんだろ。」
ジュン「そうかもね。でもプールも解放されてるし、今夏休みだからよさそうだよね。」
A「これ夏休みだから賑わってるけどシーズンオフは誰もいなくて寂しいぞ。」
ジュン「こういう市の施設とかってそういう感じのとこ多いよね。」
A「税金の無駄だよね。」
ジュン「お前税金払ったことあったっけ?」
A「ああ、悪かったよ。」

子供「うわーーん!ママー!ママー!」

そんな話をしていたら少し離れたところで子供が泣いていた。

A「おい、迷子か?」
ジュン「こんな建物の中でフツー迷子になるか?」
A「子供なんだからフツーじゃないんだよ。ったく親はどこ行ったんだよ。しょうがねえなあ」

ヨっと声をだし、Aは子供の方へ向かっていった。

A「ママいなくなっちゃった?お店の人に探してもらおうか。」
子供「う、うん・・・。」
A「ほらおいで。お店の人のとこまで一緒に行ってあげるよ。ちょっと行ってくるわ。」

そう僕に言った後、施設の従業員を探しにAと子供は歩いて行った。
そうこうしているうちに今度は母親だろうか。割と若い女性がおろおろしながら歩いてきた。

母「どこー?!ねぇ○○!どこー?!」
半狂乱で子供名前を叫び、探している。

ジュン「あ!お母さん?!」
母「え?はい。」
ジュン「さっき子供が泣きながら歩いてたから友人が従業員のとこまで連れてったんですよ。あっちですよ。」
母「本当ですか!ありがとうございます!!」

すると母親は走ってAと子供が行った方へ走って行った。

A「おーい。」
ジュン「お、お母さんあった?」
A「あったあった。めっちゃお礼言われたよ。お礼だって言ってお金渡されそうになったもん。断ったけどさ。」
ジュン「パニックになってたからね。」
A「よかったねー。」

子供「あ!いたー!あのお兄さんたち!」
母「あ、先程の!本当にありがとうございました!」
子供「ありがとうございました!」

さっきの親子が僕らが座っているところに歩いてきた。

母「本当に助かりました。よかったらこれ、召し上がってください。」
A「そんなわざわざ・・。」
母「いえいえ、大したものではないですけどどうぞ。」
A「そうですか、頂きます。」

そういうと母親はコンビニの袋を手渡した。

母「それでは失礼します。ほら、ありがとうは?」
子供「ありがとうございました!」

A「あれ?3個?」

コンビニの中には缶コーヒーが2つとオレンジジュースが一つ入ってた。

ジュン「それ、あの子供の分じゃね?一緒に勝手忘れてんだろ。」
A「ちょっと返してくる。」

そう言おうとAが立ち上がったら

子供「あっ!」

子供は小さく叫び、こっちに戻ってきた。

子供「コーヒーはお兄ちゃんたちの分で、ジュースは女の子の分だからねー!」

子供は僕らの横を指差し、そう叫んだ。
その指の先には、僕らは何も見えなかった。

ジュン「何言ってんだ??」

僕がきょとんとしているとAは

A「はーやっぱりかー。」
とため息をついていた。

A「外出るぞ。」
Aとともに外に出た僕。

A「はい、このコーヒーは俺の分。このコーヒーはお前の分。で・・。」
A「ジュースは君の分だって。」
ジュン「あ・・・。」

Aはジュースの缶を道路の側のガードレール下に置いた。
そこには古くなったジュースの缶やお菓子の箱、そしてお花が置いてあった。

A「なーんかいたような気がしてたんだよなー。」

どうやら”その子”は僕らに紛れ、あの親子には「生きている子」のように見えていたようだ。

A「こうも暑いからね。ちょっと涼みに入ったんじゃない?」
ジュン「幽霊って暑いの?」
A「しらねぇよ。」

そんな話をしながら僕らは太陽の照りつける中を歩いていくのでした。

今、これを読んでいるあなた。
あなたの目の前にいる人、それは本当に「生きている人間」ですか?

人柳と月。 最終話

その一
その二
その三

登場人物

私 柳の神社の近くに住む青年
K 神社の次男。オカルト話は嫌い。
K兄 神社の跡継ぎ。噂の真相を話してくれた
J 私の知りあい。噂に興味を持つ。何かに気づいたらしい

僕「おい、行かないって約束したじゃねぇか!嘘だったのか!」
僕の静止も聞く耳を持たない。

J「向こうも嘘ついてんだ。お互い様だよ!」
僕「なんで嘘だって分かるんだよ!」

僕はJを止めるために後を追う。

J「これだよ!」

Jが指さしたのは例の花だ。

僕「それがなんだって言うん・・・・・・。」

僕は全身が凍りついた。

J「どした?」
僕「あ・・・。ああ・・・・・・・・。」

Jの真後ろだ。

はっきりとは分からない。しかし、何か人影のようなものが確かに見えた。
いや、見えたというより”感じた”が正しい表現か。
しかし、「何か」が確かに存在した。

J「お前、見えんの?」

僕は恐怖のあまり声が出ない。
小さく

僕「柳サマ・・・だ・・・・・・。」
とつぶやくのが精一杯だった。

僕はすくんだ脚を奮い立たせ、Jを力いっぱい引っ張った。
僕「お兄さんだ!お兄さんのとこへ行こう!」

そう言うがJは動こうとしない。

僕「早くしろ!何やってんだよ!逃げるぞ!」
僕はそう言ったがJが静かに呟く

J「そんな失礼な事できっかよ。」

何を言っているんだこいつは。本当に頭がおかしいしか思えない。
こうなれば一人でも逃げてやると思った時、

Jは静かに手を合わせた。

J「オレには見えないけどさ。ありがとう。」

ありがとう?
何をしてるんだ。そう思った時に

K兄「何をしているんだ!!」
ひとしきり大きな叫び声が聞こえた。
騒ぎを聞きつけたKの兄だった。

Kの兄はとても驚いた様子で足を止め、こちらを見ながら再び叫んだ。

K兄「早くこっちへ来い!!」
すると、Jも同じだけの大きな声を上げ

J「うるせぇ!!!」

と怒鳴った。

J「いつまで隠してるつもりだよ。」
J「オレには見えない。見えないけどさ、この人じゃないだろ。噂のバケモンはよ。」

Jはそう言うと、Kの兄に詰め寄った。

J「二人、ここで死んでるんだろ。」

そう言うとKの兄はとても驚いた。

K兄「なんで、分かる・・・?」

J「これ。花。二人分だろ。」

K兄「・・・・。」

J「誰?今居る人は。」
K兄「お前、見えるのか?」
J「見えないって言ってるじゃん。でもね、怖くない。オレだってホントは幽霊は怖いよ。でもこの人は怖くない。」
K兄「凄いやつだ・・・。」

そう言うとKの兄はJの方に近寄り、Jの足元にあった花を池に投げ入れた。

そして「ありがとう御座います。」

と祈りを捧げた。

固まる僕を尻目にJも同じように祈っていた。
Jも小さくありがとうとつぶやいていた。

月の無い夜なのに、池からやさしい光が反射しているような気がした。

Kの兄とともに家に入るとすぐさまお祓いが行われた。
僕ではなくJに対してだ。

J「ふう・・・。」

少しダルそうにしながらJはため息を付いた。

K兄「大丈夫か?」
J「わかんねぇよ。プロが素人に聞くなよ。」
K兄「まったく信じられないやつだな。」

Kの兄が水の入ったかめに祈った後、手ぬぐいを浸しJの首に当てた。
その時僕は衝撃を受けた。

僕「あ、それ・・・!!」

Jの首は赤く腫れていた。ミミズ腫れのような何か「縄」でも括ったような・・・・。

J「悪ふざけで行くとこじゃねぇな。」
K兄「当たり前だ。」
J「けっ、一度見捨てたくせによく言うわ。」
K兄「それは・・・済まなかった。」
J「いいよ、オレが悪いんだもん。」

何が何だか分からない。

一通りの処置を終えた後、Kの兄とJは話しだした。

J「実はよ、一回目柳へ行った時にオレなんかされたんだよ。」
驚いた。平然としていたようなJは首に違和感を感じたという。たしかに、首が重いなどしきりに首を気にしていた気がする。

J「で、やべーな。とか思ってたらお兄さんが来てね。助かった、と思ったらシカトしやがんの。気づいてたくせに。」
K兄「済まなかったって。」
J「だから、助けてもらいにもう一度行ったってわけだ。」

僕「えっ?」

何が何だか分からない様子の僕にイライラしながらJは語った。

J「おそらく、オレを襲ったのは柳に出るバケモンだ。祟ろうとでもしたんじゃないの?
  で、お前が見たって言ったのは違う人。そのバケモンを監視してる人ってわけだ。」

僕「え、何がなんだかわからん。」

J「だー、もう鈍いやつだな!オレダルいしお兄さん、言ってやってよ。」
K兄「分かった。実はな・・・」

柳の霊は実在する。
月明かりをさけ、新月の日にあの柳に出るんだ。
それは例の女で、柳で首を吊って自殺した。
しかし、何故新月の日に出るか。
実は、あの池で神社の身内の女性が同じく自殺した。
彼女の死ぬ前、霊と祟りを恐れた住民たちは神社の者へ助けを乞いた。
しかし、なぜだか女の霊は神社の人間の前には現れなかった。
それは、住民の「差別」に加わらなかったからだ。
特に、同じ歳の女性が居て、その病で顔を傷つけた女を「人間」として扱った。

女の事、女の顔を化物などと言わなかった神社の人間は女の霊に出会うことはなかった。
新月の夜、住民に見られないように新月の日に神社の女性のもとを何度も訪れたほどだった。
女にとって神社の人間、特に例の女性は心の拠り所だったのだろう。
女は住民に受けた酷い仕打ちを恨み、住民だけを祟ったのだ。

何も知らぬ住民たちは今度は、何もできない神社の人間を蔑んだ。
インチキ。能なし。出て行け。など。
それを苦に、神社のその女性は池に身を投げた。
皮肉にも月のキレイな夜だったそうだ。
水面に写る月に吸い込まれるように女性は死んでいった。

優しい彼女は住民を祟ることなどなかった。
ただ、ひたすらに何もできなかった自分を責めていたそうだ。
住民を守れなかったことも、女を救うことができず死なせてしまったことも。

月の光が出ている間、神社の女性の霊は女とともに居る。
彼女が居る時は、女は恨みなど忘れることができた。
しかし、月のない日は神社の女性は出てくることができないんだ。
すると、恨みが蘇り女は人を襲おうとする。
自らの恨み、神社の女性を死に追いやった恨み。それらを晴らそうと。

柳サマとなって。

僕「悲しすぎる・・・。」

K兄「ああ。本当に怖いのは霊なんかじゃなく、人間さ。」
J「もう一人の霊を隠してるのも、また神社の人間だってバレたら近所から変な目で見られるからってわけだ。」
K兄「ああ。この辺りはそういう土地柄なんだよ。昔から。」
僕「つまり、最初行った時にすでにJは祟りを受けていたって事?」
K兄「ああ。新月だからな。女性の力で抑えることができなかったんだ。」
J「で、お兄さんは気づいたけどオレを見捨てたと。」
K兄「何もできないんだ。神社の人間の俺には。」
J「ま、だからオレはあの人のとこに行ったってわけだ。良かったよ、助けてくれたみたいで。」
僕「それにしてもなんで分かったんだ?」
K兄「ああ、俺も気になるな。」

僕らはJに視線を向けた。

首を曲げ、痛そうにしているJは
J「分かってなんかないよ。勘だよ、勘。」

K兄「大した度胸と勘だよ。」
J「でもそのオレの勘でもわからないことがあるんだよ。」
K兄「なんだ?」
J「今日は新月だ。なんであの人は来てくれたんだ?」
K兄「俺にも分からん。」

「わかんないんじゃ、まだ跡は継がせられないな。」

奥から出てきた男性はそう言いながらJの元へ行き、

「自分で巻いた種とは言え、立派だった」
そうJと固い握手を交わした。

K兄「親父!」
K父「おう。」
K兄「知ってたのか?この騒ぎを。」
K父「ああ、全部J君から聞いたよ。見捨てるとは情けないな。」
K兄「それは・・・・。でもいつ?」
J「ほら、トイレ借りたじゃん。その時トイレ誰か入っててさ。お父さんがウンコしてた。」
K父「その時に全部聞いたんだよ。これってヤバイ?とか言われて困っちゃったよ。」
J「親子揃ってさ、何もできないとか言いやがんの。全くね。」
K父「ただ、祈ればきっと届く。とだけ言ったんだ。」
J「どうやら届いたようだな。きっとオレがイケメンだからあの人も来てくれたんだな。」
K父「バカなヤツだ!俺もずっと祈ってたんだよ。君等が柳に向かう間ずっと。俺の祈りのおかげだな。」
J「いやいや、オレに惚れたんだって。ユーレイすら落とすオレはさすがだね。」
K兄「あんな事があったのに笑ってやがる。本当大したヤツだ。」

Kの父とJの笑い声が新月の夜に響き渡った。

僕「マジで行くのか?」
J「今日は満月だ。大丈夫大丈夫。」

僕らは後日、再び柳の元へ向かった。
今度は美しい満月の夜だった。

僕「お供え物、月見団子でいいのかな。」
J「オレの顔が見れれば、満足するって。」
僕「お前・・・。」
J「あん?」

僕らは満月の夜、二人分の月見団子を持って柳の下に置いた。

J「超綺麗だな、月。」
僕「ああ。そうだな。」

僕らは手を合わせ、月を見上げた。

J「このまま月見でもしますか。それ食って良い?」
僕「バカ!お供え物だぞ。」

池に映る満月が、りん、と光った。

J「食っていいってさ。」

ニヤと笑いを浮かべ、親指で池に写った月を指しながらJは言った。

もしゃもしゃと月見団子を頬張るJの目には
美しく優しい満月の光が映っていた。

終わり。

人柳と月。 その三

その一
その二

登場人物

私 柳の神社の近くに住む青年
K 神社の次男。オカルト話は嫌い。
J 私の知りあい。地元住民ではないが噂に興味を持つ

J「ほー、おっかねー!」

Jは全く怖がる様子も見せず、むしろどこかワクワクしているようだ。

僕「はぁ・・・。」
正直少し怖い私は相当嫌だった。
しかし、彼ならどうせ一人でも行くだろうし、友人の実家だ。何か悪さされても困るので監視の意味も込めて同行することした。

J「入っちゃいけないんだろ。今日みたいな新月は。」
僕「そうだよ。言い伝えでは。」
J「じゃ、行くしかないな。」

この男の思考回路は少しおかしい。もはや誰も止められないだろう。

私達は柳の元へ向かった。

J「うわー、こえぇー!」
僕「うわ・・・。」

さすがに噂を聞いていただけあり、そこはかなりの恐怖を掻き立てられた。

J「でるかなでるかなー、わー怖い怖い。」

まったく怖がる様子もないまま、小走りで柳の下へ向かうJ。
彼はこう口ずさんでいた。

J「日が沈んだら人柳の下を通ってはいけない。
  新月の夜、人柳の近くに行ってはいけない。
  ”柳サマ”に会ったら、そちらを見てはいけない。
  この言い伝えは決して破ってはいけない。」

J「柳サマってのはどいつだ?」
僕「おい、よせって。」
J「いやー、なんか首が重い気がしちゃうね。こういう気のせいが怪談となって広がっていくんだろうね。」
僕「まったく、のんきなもんだ・・。

良くもまあ、こうもできるものだ。肝っ玉は認めざるを得ない。

J「おい、これ。この前なかったよな。」

Jが何かを見つけた。

僕「えっ・・?」

そこにあったのは花だ。しかもどう見ても死者に手向ける花だった。

僕「おい。やべーよ。行こうぜ。」
J「地域住民は入らねぇんだろ。ってことは神社の誰かが置いてるんだ。神社の人は霊なんて認めてないんだろ。おかしいじゃねぇか。」
僕「知らねぇよ、早く行くぞ。」
J「ちょっと待てよ、これ・・・。」
僕「早く!」
J「あ痛て!なんだよ。」
僕「なんだよ、早くしろよ!」

「おい!誰か居るのか!」

さすがのJもびくっと身体を跳ねらせた。

「誰だ!」

僕「あの・・すいません。えっと・・・・。」

僕がしどろもどろしているとJが割って入った。

J「神社の人?」

底に居たのは僕らより少し年上の男性だ。

「そうだ。何のようだ。あ、お前Kの友達だろ。見たことあるぞ。」

どうやらKの兄のようだ。悪いことをしてしまった。

僕「あ、すいません。すぐ出ますから。」
僕がそう言うとまたJが言い出す。

J「ちょっと聞きたいんだけどさ・・。」

K兄「分かった。話を聞いてやるからとにかくここから出なさい。」

真剣な目でKの兄はそう言った。その目つきにJを言うとおりに従うしかなかった。

K兄「噂を知ってるのによく行けたもんだな。」

明るみに出たKの兄は予想外にも怒った様子はなく関心さえしてるようだった。

僕「あの、すいませんでした。」

僕が謝ると

K兄「別にいいよ。入ってはいけないって決まりになってるわけでもないし。ただの言い伝えだからね。」
笑いながらKの兄はそう言ってくれた。

K「いよう、バカヤロウども。」

そう言ってるとKも来た。

僕「わりww」
K「いいよ、別にwwなんか出た?」
J「出てないよ。」
K「だろww」

ただの肝試し。
そう思われてるのだろう。Kと兄は笑って話していた。
しかし、Jの言葉を聞くとその笑顔は一瞬で消え去った。

J「実際に死んでるでしょ。」

K兄「・・・なんで分かった?」

見つかった時と同じ真剣な顔をしたKの兄はじっとJを見ながらそう言った。
はっと驚きJを見たあと、Kの兄はJの方を見ることはなかった。

J「だって認めてないんだろ。あの怪談を。でも花はしっかり置いてある。」
J「住民は入れないから、神社の関係者が置いたってことだ。」

K兄「するどいヤツだな・・・・。」

Kの兄は下を向いたまま渋々だが口を開いた。

K兄「だれにも言うな。いいな。」
そう言うとKの兄は語り出した。

K兄「あの柳の木は、住民たちの言う通り女の霊が出る。
   昔も今もたくさんの住民が目撃している。
   その霊は病で酷い顔になった女で、住民から”化物”と蔑まれていたんだ
   だから、暗い月の出ない日しか外に出れなかった。
   そんなある日、月の出ない日は化物が出る。と噂されるようになってしまった。
   もちろん、その化物はその女。生きているただの人間だったのに。
   そうこうしてるうちにその女はあの柳で自殺してしまった。
   
   その霊が、今も出るってわけだよ。」

J「なるほどね。」

K兄「昔の人間は驚くほど残酷さ。とくに田舎の村社会なんてな。」
僕「かわいそうな話ですね。」
K兄「ああ。だからこそ、ふざけ半分でなんか行かないでやってくれ。」
J「ああ、分かった。すいませんでした。」
K兄「ありがとう。」
J「トイレ借りていい?力抜けたらおしっこしたい。」
K兄「まったく、本当に大した度胸だなwww」

さすがのJもやけに素直になった。
僕らはKと兄の二人に別れを告げ、神社を後にした。

さ、帰るか。そう思ってると

J「しっ。」

Jがそう言った。

僕は信じられない言葉をJから聞くことになる。

J「家に帰ったか・・?よし、もう一度行くぞ。」

僕「はぁ?話なら聞いただろ。やめろよ。」
J「嘘をついてるな。」
僕「なんでだよ!なんで分かるんだよ!」
J「ふふ。嘘つきの僕は他人の嘘がよく分かるのだよ。」

そういうとJは翻し再び神社へ向かった。
しかし、Jの顔のからは笑顔は消えていた。

続く。